情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聡の忠実な下部となった美由紀は、ひたすら霞(聡)の秘部を舐め続けた。

「あっ、ああっ~~、サイコー、いいっ!!」

そのとき沖田 恵がやってきた。

「なっ、なにしてるの?二人とも?」

「あら、ちょうどいいときにきたわね、恵ちゃん。悪いけどあなたも
私の奴隷になってもらうわね。ふふふ。」

霞(聡)は美由紀に舐めるのを中断させ、恵に近づき、
ディープキスをした。

「うぐっ・・・・・・。」

窒息するほどの勢いで恵の口に吸い付けた。
すると恵は意識を失い、床に倒れた。

「ふふふ。ごちそうさま。いま、あなたに新しい魂植え付けるからね♪」

そしてまた恵にキスをして息を吹きかけた。
すると、恵は目が覚めた。聡の忠実な下部がもう一人誕生した。

「へへへ、さっそく二人で俺の名器を責めてくれ。」

「かしこまりました・・・・・。」

美由紀と恵は霞(聡)のスカートの中に潜り、二人で奪い合うようにして
霞(聡)の名器を舐め続けた。

「うぐっ、あああっん、いいっ、いいぞっ、快感が今までの2倍だっ、これなら
すぐにいきそうだっ!!ああああんっ!!」

聡は霞の身体で二人の少女に責められており、快感に満ち溢れていた。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・いいっ、いいよっ。俺もそろそろ限界だっ、
あああっ、だめだっ、いっ、いくぅうううううううぅっ!!」

シャアアア~~!!

霞(聡)は大量の愛液を噴出した。

美由紀と恵はその愛液をおいしそうに舐めまわした。

「ふふふ。ごくろうさん、気持ちよかったぞ。」

その日、霞(聡)は恵と美由紀を家に連れて行き、泊めることにした。
周りからは友達の関係に見えるのだが実際は上下関係だった。

「今日は家族がみんないないから、好き放題できるな。だから、どんどん
俺を持て成してくれ。」

「かしこまりました。聡様。」

聡は彼女たちに主人である聡のことを『聡様』と呼ばせることにした。

「ははは。いい気分だな。霞と同じ女子中学生なんだけどな。」

霞(聡)はペニスバンドを美由紀に渡して装着するように指示した。
恵には霞(聡)の胸を舐めるように指示した。

「はあああん、あああああんっ!!」

恵と美由紀が霞(聡)に一気に絡んできた。

「いいっ、いいぞっ、ああんっ!!」

美由紀は霞(聡)のスカート、ショーツの中の秘部に『ペニス』を入れた。

恵は霞(聡)のセーラー服のボタンを外してブラを脱がし、露出した胸に
近づき舐め始めた。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・二人ともいいよっ、サイコー、ああああんっ♪」

聡は彼の奴隷化した二人を使って霞の身体を苛め、たくさんの快感を与えた。



霞の身体に戻った聡は美由紀の身体に憑依したときに得た
生気を吸収して聡の魂に送り込んだ。

聡はそうして力を増大させていった。

「ん・・・・・んぐぅー。」

床に倒れた美由紀が目を覚ました。

「あれ?私どうしてこんなことしてたんだっけ?」

性欲剤の効き目が切れてしまい、美由紀は正気を取り戻した。

「ふふふ、美由紀ちゃん、とっても気持ちよかったよ。」

「私、木下さんに何かしたの?」

「あら、記憶にないってことはないわよね。私たち、いっぱいセックス
したのよ。覚えてるでしょ?」

「そんな・・・・・。」

「ふふふ。まぁ、いいわ。あなたともここでお別れね。私がこれから
あなたの魂を全部食べてあげる♪」

「・・・・・えっ?」

「最後だから教えてあげる。実は私は木下霞じゃないのよ・・・・・・
俺の名前は永田聡、この女の身体が気に入って、それ以来ずっと
コノ身体に入ってるんだ。まぁこの娘の魂はもうすでに俺が吸い取ったから
コノ身体は俺のモノだけどな。へへへ。」

「そんな・・・・・・信じられない・・・・・・。」

「まぁ、信じなくてもいいぜ。これから俺のモノになるんだから・・・・・。
ふふふ。」

すると、霞(聡)は美由紀に深いキスをした。
美由紀は離れようとしたのだが、霞(聡)は手で身体を押さえ離さなかった。

「うぐっ、あああっ・・・・!!」

・・・・・数分後、霞(聡)は美由紀を離した。彼女は勢いよく床に崩れた。

「ごちそうさま。美由紀ちゃん♪」

霞(聡)は美由紀の魂を喰ったのだ。
美由紀の身体には魂がなくなり、彼女の身体は『生きた抜け殻』と化した。

「このままだとまずいな。だからといって新しい魂を探すのは手間がかかる。
よし、仕方ない。初めてだがコレをやってみるか。」

霞(聡)は美由紀に近づき再びキスをした。
すると・・・・・美由紀の目が開いた。

聡は一度取り込んだ美由紀の魂により生まれた彼女の記憶や能力を
具え持った自分の魂の一部を分裂させてキスにより美由紀の生体にその
新しい魂を送り込んだのだ。

美由紀自身の魂ではなく、彼女の記憶や能力を持った聡の魂の分身であり、
霞に入っている主である聡の魂の忠実な下部となった。

美由紀は今後聡の命令になんでも従う、いわば操り人形となったのだ。

「おはよう、新しい美由紀ちゃん。」

「おはようございます。木下さん。」

「ああ、二人でいるときは別に聡って呼んでもいいぞ。」

「失礼しました・・・・・それでは聡さんと御呼び致します。
・・・・・・私に何んでもお申し付けくださいませ。」

「うむ、それじゃあ、さっそく俺のオマンコ舐めてくれないか?」

「ええ、かしこまりました。」

美由紀は霞(聡)のスカートの中に潜り、ショーツを脱がして可愛らしい
小さな舌を出してソコを舐め始めた。

「ああっ、いいーっ、いくぅううううっ!!」

霞(聡)は身体が敏感に反応して大きな喘ぎ声を漏らした。

霞の身体に戻った聡は、ある術の練習をしていた。
聡の魂を分裂させてクラスの女子全員に聡の魂を入れて一度に快感を
たくさん味わおうと考えていた。

だが今のところ聡には精神分裂は難しく、分裂してもそれを保持する
ための力が弱くすぐに消えてしまうのだ。

さらに魂が磨り減り、このままだと聡の魂が消滅してしまうばかり
だった。それを防ぐためにも聡は他の魂を食い尽くして吸収して
成長させていた。

とりあえず獲物は誰でも良かったのだが、身近にいる人間を
狙うことにした。

「ねぇ、美由紀ちゃん。」

「ん?なぁーに?」

「朝の続きしましょ?」

「ええ、いいわね。やりましょう。」

性欲剤の力は凄かった。
美由紀は舌を出し、霞の口の中に入れようとした。
霞(聡)はそれを潔く招き入れてその中で舌同士を
絡ませた。

「ああんっ、いいよっ、美由紀ちゃん。もっと苛めてっ!!」

「はああんっ、木下さんの舌ったらエロいっ。私のお口の中を
いっぱい絡んでくるっ。」

「ふふふ、そうね。なんなら下のお口にも入れてあげてもいいよっ♪」

「ええ、ぜひお願い、木下さんっ。」

霞(聡)は床にしゃがんで美由紀のスカートの中に潜った。
そしてショーツを脱がして彼女の秘部を舐め始めた。

ちゅぱっ、ちゅぱっ!!

「ああ~、あああんっ、いいっ、いいよっ。はあーんっ!!」

美由紀は精一杯喘いだ。

「美由紀ちゃんの下のお口、だんだん濡れてきてるよっ。いいわ。
もっとイかせてあげる。」

ちゅぱっ、ちゅぱっ!!

霞(聡)は美由紀の秘部をさらに舐め始めた。

「ああーんっ!!だめええんっ、そんなにやったら私いっちゃうっ!!
ああんっ!!」

「そう。そろそろ限界までいくのね。だったら、私にイかせて!
私があなたの身体でイクから。」

「・・・・・ええっ?」

聡は霞の身体から離脱して美由紀の身体に入った。

「ああっ、これはすごいっ、美由紀ちゃんったら、いっぱい感じてるのね。
よく今まで耐えたな。でも私が責任をもって美由紀ちゃんの代わりに
イってあげるっ、ああん、はあああああんっ!!」

霞の身体に聡の魂を多少残しており、霞はひたすら美由紀(聡)の秘部を
舐め続ける。

「いっ、いいよっ、美由紀ちゃんの身体ったら、やらしい!!ああん!!
ああっん、もっ、もうだめええんっ、いっ、いぐうううううんっ!!」

そして・・・・・・・。

シャアアアア~~!!

美由紀(聡)はついにイってしまった。
下の口から彼女の愛液が噴出した。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・・気持ちよかったよ、美由紀ちゃん!!
さてと俺の身体に戻るとするか。ふふふ。」

そうして聡は美由紀の身体を離脱し、霞の身体に戻った。


「あら、そろそろみんな来るわね。」

「ええ、この辺にしておきましょう。」

彼女たちは一旦、絡み合うのをやめて乱れた制服を
整えて自分たちの席についた。

聡は霞の身体に戻ったため、恵は少し気絶した。
朝の会には目が覚めるだろう。

恵には、霞と美由紀が絡み合っている場面を見られたのだが
聡がその記憶を消去させた。

しばらくして何事もなく朝の会が始まり、いつもどおり
授業が始まった。

霞(聡)は相変わらず授業中に隠れて敏感な部分を撫でて
オナニーをしている。だが、それだけでは物足りなくなった。

聡は霞の身体から離脱して幽体になり、美由紀の身体に入った。
美由紀の身体は性欲剤により興奮に満ちていた。

「ああっ、よくいままで耐えていたな。俺だったら即弄ってたぞ。」

聡は我慢はよくないと思い、美由紀のスカートの下の嫌らしい部分を撫でた。

「ああんっ♪」

美由紀(聡)は小さな声で喘いだ。
周りがおしゃべりして騒いでいるせいか周りの人は、それに
誰もきがつかなった。

それをいいことに聡は美由紀の身体の嫌らしい部分を撫でて
美由紀の女としての快感を味わっていた。

「こ、この身体もっ、すごくエロくてやらしいな。
授業中にこの身体に入ったまま誰かを犯してみたいな。ぐふふ。」

そんなことを思いつつ、どんどん美由紀の嫌らしく敏感な身体を扱き続ける。

「はぁ・・・・はぁ・・・・・いいっ、いいよっ、美由紀ちゃん。」

そして限界を迎えそうになると聡は美由紀の身体から抜けて次は恵の
身体に入った。

「へへっ、恵ちゃんの身体もいいなっ、病み付きになりそうだぜ。ああん♪
そうだ、今度この娘で一日を過ごしてみようっかなー。ふふふ。」

そのあと、何人か女子の身体に憑依するつもりだったが、授業が終わったため
一旦、オナニーをやめて霞の身体に戻った。

「さぁ、美由紀ちゃん、私と霞ちゃんの3人で楽しみましょうね。」

「ええ。私今、ものすごく興奮してるの。早く私を犯して。」

霞(聡の魂の一部)と恵(聡)は美由紀のスカートを捲り、
ショーツを脱がせて秘部を舌で舐めまわした。

「あああんっ、あああんっ。」

「どう?きもちいい?美由紀ちゃん。」

「ええ、すごくいいわ。もっと続けてっ。」

「ふふふ。言われなくても。」

ちゅばっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ・・・・・・。

美由紀の秘部から嫌らしい音が聞こえる。
霞(聡の魂の一部)と恵(聡)は相当舐めている。

と、そのとき、恵(聡)が一旦舐めるのを止めた。

「美由紀ちゃんばっかりズルーい。私のも舐めてよ。」

「そうね。それじゃあ、3人で敏感なところを擦りあいましょう。」

「賛成!!」

美由紀は恵(聡)のスカートを捲り、ショーツの下に隠されている彼女の
クリトリスを舐め始めた。

そして霞(聡の魂の一部)は美由紀のクリトリスを舐め始め、彼女は
というと鞄からバイブを取り出し自分の秘部に挿入した。

「ああああん、はあああああんっ、いくうううううううっ!!」

教室で3人の喘ぎ声が大きく響いた。

彼女たちは限界にまで達したら、体勢を整えて違う体位で絡み合った。
美由紀と恵(聡)がペニスバンドを装着し、霞(聡の魂の一部)の上に
美由紀が馬乗りし、霞の穴にペニスバンドを装着し、さらにその上に
恵(聡)が美由紀の上に乗りペニスバンドを彼女の穴に入れた。

「はぁー、いいっ。私、木下さんを犯してるのにっ、上から沖田さんが
犯してくるっ。」

「ふふふ、どう、美由紀ちゃん、気持ちいいでしょ。私のおちんちんが
あなたの穴の中に入りたがってるの。いっぱい入れてあげてねっ♪」

「ああっん、美由紀ちゃんのオチンポが私のオマンコに何回も突っ
ついてるぅぅうう。その調子でもっと私を苛めてっん♪」

彼女たちは、限界に近づくと場所・ポジションを入れ替え、3人で
レズプレイを楽しんだ。

3人といっても美由紀は性欲剤を大量に飲まされ、正気を失っており
恵と霞には聡の魂が憑依しており、まともな状態ではなかったのだが、
彼女たちは、それぞれの身体を汚しあった。

そうして聡は彼女たちを狂わせた。
次々と聡の虜となっていった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。