情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞(聡)は恵をしばらく部屋に休ませてから家に帰した。
玄関まで見送り、自分の部屋まで戻った。

霞(聡)はスカートを捲り、自分の性器探ると男性器である大きな
肉棒は消えていた。どうやら性器だけ性転換する薬の効能は消えたらしい。

だが、性欲剤の効能は未だに消えておらず、身体がムズムズするままだった。
霞(聡)は美由紀や恵が帰った後も淫乱な行為を続けた。

スカートを捲ったまま、指で元に戻った女性器の中に入れる・・・・・・。

「うぐっ、はぁ・・・・・はぁ・・・・・・はぁあああああん、・・・・・・
そういえば、この身体に入ってもう2ヶ月くらい経つな。最初はこんな
エロい身体じゃなかったのに。俺がいっぱいカスタマイズしてやったん
だよな。へへへ。あああんっ、はぁああああああんっ!!!」

聡は霞の身体でオナニーし続けた。部屋には霞の喘ぎ声が大きく響き渡った。

「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・こんなところを家族に見られたら
どうなるんだろうな。やっぱり気まずいだろうな。ああっ、こんな淫乱な
体つき、たまんねぇ~。ずっと、この娘の中に入ってるけど全然あきないぜ。
はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・。」

霞(聡)は嫌らしい顔つきで霞の身体を犯し続けていた。

「家族が今日誰もいないのが幸いだったぜ。両親とも仕事で出張で兄は友達
の家に泊まってて・・・・・・・。なんて最高の日なんだ。そうだ、今日は
学校を休もう。今日は霞ちゃんの身体ともっと触れ合おうじゃないか。
はああああああんっ!!」

霞(聡)は何度も何度も自分の性器に指を突きつけた。
そうしながら、もう片方の手でセーラー服の上から胸を揉み始めた。

「あああああっ、いいっ、いいぞっ、いくぅうううううっ!!
あああああっ!!!」

そして・・・・・・・。

シャアアアア~~!!!

霞の愛液が大量に噴出した。

「はぁ・・・・・・・はぁ・・・・・・・はぁ・・・・・・・・・。
すごく良かったぞっ、この身体っ、はぁ・・・・・はぁ・・・
・・・はぁ・・・・・・。」

霞(聡)は満足そうな笑みでベッドに横たわった。

「やっぱ、この身体いいわっ、毎日この身体でオナニーしてもあき
ないぜ。へへへへ。木下霞か、・・・・・まったくイイ名器をもった
娘だな。」

霞(聡)は起き上がり、ティッシュで汚れた部分を拭き取り、掛け鏡に
向かった。

そこにはセーラー服を淫らに着こなした可愛い女子中学生の木下霞が
うつっていた。霞(聡)は鏡にうつっている自分に対して口を近づけ、
キスをし始めた。

「ああんっ、かすみっ、霞ちゃんっ、この身体、ありがたく使わせて
もらってるよっ♪毎日のようにエッチなことしてるよっ、あああんっ♪」

霞(聡)は変態な顔つきで鏡にうつっている自分に猥褻な行為を続けた。
そしてそれが済むと、机に座り、中からノートを取りだした。

それは『日記』と書かれており、霞が毎日のようにその日その日の
出来事を真面目に書いていたのだが、聡が霞の身体に乗り移ってからは
その真面目そうな『日記』は完全に霞のオナニーや友達との絡みなど
淫乱な内容となってしまった。もはや、それは霞の『おなにっき』と
化してしまった。

霞(聡)は嫌らしい顔つきに変わり、今日も汚れた出来事を書き始めた。

「へへへ、日記を書くのは楽しいな。ああっ、だめだっ、また身体が
ムズムズしてきたっ!!はあああんっ!!!」

霞(聡)はスカートの上(秘部がある辺り)をシャーペンで撫で始め、
再び、霞の身体を苛め続けた。


朝の5時頃、霞(聡)は美由紀を家に帰した。
美由紀は自分の身体が霞(聡)によって犯されたが、満足そうな表情で帰っていった。

もはや、彼女は聡の忠実な奴隷なのだ。

霞(聡)は未だ薬の効能が続いているらしく、霞の身体の性器の部分が
男性化したままだった。

「おお、まだあったのか。そろそろ効果が切れてもいい頃なんだが・・・・・・。」

「聡様!!私のオマンコに入れるとちょうど効能が切れるんじゃないんでしょうか?」

「ふふふ、お前もそういうのが好きだな、さすが俺の下部だ。いいだろう!!
おまえの中にいっぱい俺の精液をくれてやる。」

霞(聡)は恵の身体に跨り、肉棒を何度も突きつけた。

「はぁ~~ん、いっ、いい~、すごく気持ちいいですっ~~、聡様っ!」

「はっはっはっ、そうか、それはよかった。もっと激しくするぞっ。」

霞(聡)のピストン運動が激しくなり、恵は霞(聡)に犯され興奮していた。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・・相当興奮してるようだな。」

「ええ、だって大きなオチンチンを備えた霞ちゃんがここにいるん
ですもの・・・・・・しかも中身が聡様だなんて、ああんっ、それをいうだけで
私、崩れてしまいそうっ。」

「この霞の身体に入りたいか?」

「ええ、聡様の入っている木下霞の身体に入りたいです。」

「そうか、そうか、それじゃあ、チェンジしようぜ。身体を。」

「ええ、賛成です。」

聡は霞の身体を抜けて恵の身体に入った。
そして(聡のモノとなった)恵の魂を霞の中に入れた。

「ほら、どうだ、気持ちいいだろ、霞ちゃんの身体っ・・・・・はあああんっ。」

「ええ、すごく気持ちいいです。ああんっ。」

恵(聡)は霞(恵)の肉棒を快く受け入れた。

「さぁ、もっと突っついてくれ。・・・・・・んうんっ、もっと突っ
ついてっ、霞ちゃん!!私のイケナイところ全部苛めてよっ、はあああん。」

「あああんっ、そんなこというと・・・・・・この霞ちゃんの身体っ、
すごくね、興奮してくるのっ!!あああっん!!むりぃっ、でそうっ!!」

「あああっ、俺もこの身体、もうヤバっ・・・・・・・・そろそろだしてもいいぞ、
へへへ。」

「あああっ、出してもいいのですか、聡様?」

「ああ、大丈夫だ。俺の中に出してくれ、ああああっ!!!」

「そうですか。・・・・・・あああああっ、はああああんっ、ああああんっ、
いっ、いくぅうううううううっ!!!」

「ああああっ!!」

霞(恵)の精液は恵(聡)の中にすべて入った。
恵の身体は妊娠する可能性が高くなった。

「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・ありがとうございます、聡様。
私を妊娠させて頂いて。」

「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・。ああ、構わないさ。
子供を産んだら知らせてくれ、へへへ。」

「ええ、もちろんですとも。」

聡は恵の身体から離脱して霞の身体に戻り、恵を妊娠している可能性が高い
自分の身体に戻した。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。