情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シコシコッ!!

「ああっ、いっ、いいっ、この快感たまんねえーな。はぁ・・・・
はぁ・・・・・サイコー。」

俺は女子トイレに閉じこもって加奈の秘部を手で撫で続けた。

「うぐっ、はああああん、あああーーんっ。」

俺は今このとき、今まで味わったことのない女性の快感を堪能していた。

シコシコッ!!

俺は秘部を撫でるのを中断して制服のボタンを外し、
中にあるブラを取り外した。すると胸が大きく見えた。

「おおっ、結構大きいぞ!!」

右手をスカート、ショーツの中に忍ばせて敏感な部分を再び撫で始めた。
さらに左手で胸を揉み、女性の・・・・・加奈の一人エッチを楽しんでいた。

「ああっ、サイコー!!この身体、いいぞっ、きもちよすぎっ、
ああああんっ、はあああああんっ!!」

そういえば無意識のうちに女性の敏感な部分を触っていた。
もしかして、これもこの娘の本能または習慣がこの身体に染み付いているの
かもしれない。

この一人エッチは加奈が望んでいることなのかもしれない。
俺はそう思うと興奮し、彼女の意思を尊重し、彼女に代わってこの淫らな行為を
ほとんど毎日続けようと思った。

シコシコッ!!

身体の敏感なところを弄ると、それを求めるかのように加奈の身体が反応した。

「へへっ、この身体、エロいな。もうこんなに濡れてやがる。
加奈ちゃんもいつもこんなオナニーするのかな。
はぁ・・・・・はぁ・・・・・。」

キンコンカンコーンッ!!

そのときチャイムが鳴った。

「ちっ、もう始まったか。急いで教室に戻らないとな。」

俺は加奈の身体で一人エッチをやめた。
制服を整え、元の状態に戻す。

だが俺はブラを装着するのが面倒だったため、わざとブラを
脱いだままにした。

廊下を歩くと度々、他の人がこっちを見る。
ノーブラであることに気がついたのだろうか。

俺は周囲の目に晒されて一瞬恥ずかしくなったが、ここにいるのは
女子高生の遠藤加奈であって俺ではない。

俺はそう思うと安心しきったかのように堂々と歩いた。

そして教室に入るとほとんどの人が席についていた。
後から教室に入ってきた俺はドアを開けると注目を浴びる。

みんながこっちをみている。
ノーブラであることに気がついたのか、ドアが急に開いたから反射的に
こっちを向いたのか。俺にはよくわからなかったが多くの視線を浴び、
急激な緊張と興奮を覚えた。

俺は授業がとても退屈であり、とても眠くなったのでシャーペンを
スカートの上に持ってきて股間部分を撫で始めた。

「うぐっ、ああーんっ!!」

俺は突発的に起こったこの快感により小さな声で喘いでしまった。
周囲に加奈の嫌らしい声が小さく響く。

おそらく、聞いてしまった人もいることだろう。

それもお構いなく俺はそれを続けた。

シコシコッ!!

「ああんっ、はあああああんっ、いっ、いいっー、これっ!!あああんっ!!」

周りは見て見ぬ振りをしていた。

そうして俺は授業中はほぼ加奈の身体で加奈の女性としての
性感を堪能していた。

昼休みになって俺は再びトイレへ駆け込んだ。
先ほどの場所が空いていたのでそこには入った。

すると、そこには朝に外したブラが無事にあった。

だが、俺はブラを装着せずにオナニーの続きをした。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・この身体・・・・・相当溜まってるみたいだな。
昼休み中に最後までイかないと。ふふふ。」

シコシコッ!!

今度はショーツを脱ぎ、ブラの上に乗せた。
これでノーブラ、ノーパンになった。

「はぁー、なんてスースーして気持ちいいんだ!!これならいけるかもしれない。」

シコシコッ!!

俺はスカートの下の秘部を撫でながら胸を揉む。

「ああっ、これがまたっ、ああっ、いいっ。」

俺は興奮していた。

「んうんっ・・・・・はぁーはぁー。私ったら嫌らしい子っ。
学校でオナニーするなんて。ああっ、でも気持ちいいっ。私の身体なんだし、
別にバチ当たらないよね。もっと弄っちゃおうっと。はぁーはぁー。」

俺は加奈っぽい口調で言った。

シコシコッ!!

「ああっ、はぁああーんっ!!私の身体が汚れていくっ。どんどん汚れていくっ!
ああっ、きもちよすぎっ、私の身体ってこんなに気持ちよかったんだぁー。
はぁーはぁー!!いっ、いんぐうううううううっ!!」

シコシコッ!!

「はぁーはぁー。わたしったら、こんなに恥ずかしいことしてるのにっ、
ああああんっ、なんだかいいっ、きもちいいっ、はぁーはぁー。」

シコシコッ!!

「ああっ、そろそろ、げっ、げんかいっ!!私いくうううううぅーー。学校のトイレでイクのぉっ。ああああんっ。」

俺は加奈の身体で絶頂を迎えそうである。

シコシコッ!!

「ああっん、もうだめえええええええん、身体がぐちゃぐちゃになりそうっ、
ああああああんっ。」

そして・・・・・・。

「あっ、もう、ああああああっん、いん、いぐぅううううううううううっ、
ああああああああっ!!」

シャアア~~!!

加奈は愛液を噴出した。それがスカートに少し付着した。
俺は加奈の身体で最後までイってしまったのだ。

「はぁー・・・・・はぁー・・・・・とっても楽しかった。私の身体って
こんなにえろかったんだね。病み付きになりそうな身体なんだね!!
また帰ってからでもオナニーしようかな。ふふふっ。いいよね、私のお身体ちゃん♪」

俺は今度はブラだけでなく、ショーツも脱いだまま制服を整え、教室へ戻った。


俺はこの娘として目覚めた3日後に退院した。
この娘の両親が車で迎えに来て共に家に帰った。

家に帰ると、部屋で休むように言われて
この娘の部屋に行った。

中に入ると、そこはいかにも女の子らしい部屋だった。
ぬいぐるみなどがたくさん置いてある。

机の隅には竹刀が置いてあり、どうやらこの娘は剣道部に
所属しているらしい。

机には筆記用具、教科書、ノート、参考書があり、きっちり
勉強しているようだ。

机の中を除くと90点、100点の高成績のテストの答案がしまっていた。

「へぇ~~、この娘って頭いいんだ。」

俺はなぜか感心していた。
その一方でこれから俺はどうするべきか考えていた。

とりあえずこの娘に成りすますことに決めた。
自分の名前、住所、学校など彼女に関する基本的なことを知ろうとした。

「この娘の名前は・・・・遠藤 加奈(えんどう かな)・・・・・・
××高等学校2年A組・・・・・・趣味は・・・・・。」 

俺はテストのときのように暗記して覚えようとした。
すると、嘘のように頭に入ってくる。

彼女の身体だから彼女の能力が無意識のうちに備わっているのか
どうかわからないが、スラスラとそれは記憶できた。

もしかして記憶しなくても無意識のうちに名前や学校名が
出てくるんじゃないのかと思った。

何にせよ、もう少しで冬休みは終わりだ。
明日からは学校に登校しなければならない。彼女に代わって・・・・・・。

彼女に成り済ますことができるのかどうかわからなかったが、
彼女自身の身体であり本物なのだから疑う余地がないと思い、
少し心のどこかで安心した。

そのとき、玄関のところから声が響く。

「ただいまー。」

どうやら誰か家族が帰ってきたらしい。
俺は誰なのか確認するために階段を下りて玄関のところに行くと
なんて俺があのとき人質として捕まえた銀行員の女性がいた。

彼女は俺を見て微笑んだ。

「あれ、加奈。退院したんだー。よかった。あのときはありがとう。」

どうやら彼女は俺が入れ替わっているこの娘・・・・・・遠藤加奈の姉らしい。

あのとき俺に竹刀を振ったのは姉を守るためだったのかもしれない・・・・・。

この娘の姉が俺に捕まっているところを部活か何かで学校に行く途中で
偶然目撃したため、とっさに竹刀を振るったのだろう・・・・・。

そのおかげで姉は無事だが、妹であるこの娘がひどいことになっているとも
知らずにここにいる妹の頭を撫でる。

俺はこの娘の顔で怪しい笑みで密かに微笑んだ。

自分を襲った犯罪者が近くにいるとも知らずに・・・・・・。

次の日の朝、俺は学校に行く支度をした。
見慣れない女の下着、学校の制服を着るときに
何の抵抗もなく着こなすことができた。

これもこの娘がもっている習慣がそのままこの身体に
残っているのかもしれない。

俺は遠藤加奈として学校へ行くのだが学校までの道順が
不思議と頭の中に出てくる。

そしてそれを辿りながら学校へと向かう。

数十分後、俺はこの娘の学校についた。
俺は学校に行くのは20年以上も前のことで久しぶりに行くと
気恥ずかしい気がする。

しかも女子の制服を着たままで・・・・・・。
いや、今の俺は女なのか。だから問題ない。

心の中で何度もそのことを言い聞かせるがどうも
そこのところが馴染めなかった。

学校の校門を通るが、誰も特にこっちを見なかった。
そりゃ、そうである。ここにいる遠藤加奈は確かに本物であり、
疑う余地はまったくない。

教室に入るも周囲の反応はなかった。
加奈の友達数名やクラスメイトが挨拶をする程度だった。

俺は席に着き、鞄から勉強道具を取り出し、机に入れる。
これもこの娘の習慣なのか。

俺はこのとき思った。
ほとんどのことはこの加奈の身体に染み付いている習慣などで
なんとかなりそうだから、俺自身の習慣もこの娘の身体に
植え付けようと思った。

もうこの身体は俺のモノなんだから何をしても関係ない。
自分の身体に戻る方法もわからないし、
戻ったところ獄中生活になるし、このままこの娘と入れ替わって
成りすまして生活したほうがいいだろう。

俺はそう思い、ニヤリと微笑んだ。

と、そのとき、急にトイレに行きたくなった。
俺は急いで席を立ち、トイレへ向かった。
もちろん女子トイレである。

冬場は寒く下のほうがますます寒気を感じた。
そうして女性の身体で尿を済ませた俺は股間部分に触れると
少し暖かさが感じられた。

この暖かさは男性器を擦るのと同じ類の快感さだった。
いや、それよりもいっそう気持ちいいのかもしれない。

俺は気になり、もう少し秘部を手で弄ってみた。

「はぁー、ああーんっ!」

俺はあまりの気持ちよさについ声を出してしまった。

「なっ、なんだ、これは。すごくきもちいいぞ!もう少しだけ弄ってみるか。」

シコシコッ!!

「ああっ、あああん!!」

俺はまた声を出してしまった。そこを弄るととても快感だった。

「はあ・・・・・はぁ・・・・・すげぇー、きもちいいぞ。
この身体・・・・あああああんっ!!」

俺はこの娘・・・・・加奈の身体を使って一人エッチを始めたのだった。



あの娘と身体が入れ替わってから三ヶ月・・・・・。
俺は彼女に成りすまし、生活を続けている。

その陰で周りの様子を伺い、誰もいないのを確認すると
部屋に立てこもり、一人エッチをしている。

バイブを密かに購入し、自分の秘部に挿入する。

ブゥウウウウウンッ!!

「ああっ、あああんっ、いいっー!!」

部屋中にバイブの振動音と彼女の喘ぎ声が堂々と響く。

俺は今までで味わったことのない快感に駆られている。
この身体を手に入れることによって・・・・・・。




あれは三ヶ月前のことだった・・・・。

真冬の肌寒いころ・・・・。
俺はお金に困り果てついにあることを計画した。
それは銀行強盗である。

俺はその日のためにも計画を立てた。

銃や覆面などは闇市場でなんとか手に入れることができた。
あとはその日を待つのみだった。

強盗決行の日、俺は朝、早起きし、昨日パーキングで
盗んできた車に乗り、遠くの銀行まで向かった。

目標の銀行の近くに着いたころ午前10時になっており俺は銀行の
近くに車を止めた。

そして覆面を被り、銃を持ち車から降りて銀行の中にとっさに入る。

中に入った瞬間・・・・。

「おはようございます。いらっしゃいませ・・・・・。あ・・・・・。」

俺は近くにいた女性の銀行員に銃口を向け、彼女の身体を押さえた。

「この女の命が惜しければ手を上げろ!!動いたら撃ち殺すぞ!」

俺は大声で叫んだ。

「キャーッ!!」

バンッ!!

辺りは騒いだので銃を一発、天井に発砲させた。
大きな銃声が響いた。

すると周りは静まり返り、沈黙になった。

「よーし、そのまま動くなよ。おい、そこのお前、ここに金を詰めろ!!」

俺は他の銀行員に予め持ってきたケースに金を入れるように指示した。
銀行員は俺に従い、金を用意する。

そして金をケースに入れ終わると、女性銀行員にそのケースを
つかませて彼女を人質にとったまま銀行を去り、車に乗ろう
とした瞬間だった・・・・・。

車のガラスに高校生くらいの女の子がうつる。
そして竹刀で殴りかかろうとしていた。

俺はそれにすぐ気がつき、後ろを振り返り抑えようとしたのだが
俺は竹刀が頭に当たるのを防ぐために彼女の顔面にグーで殴ろうとした。

そのとき、近距離で勢いあまって彼女の頭と俺の頭がぶつかってしまった。
それにより彼女と俺は地面に倒れた。

それからの記憶は途切れていた・・・・。

目が覚めると、そこはベッドの上だった。
俺はどうやら気絶していたらしい。

だが、そこは刑務所の中ではなかった。
明らかに病院だったのだ。

俺はなぜこんなところにいるのかわからなかった。
普通であれば牢獄の中なのに・・・・。

そのとき、誰かが入ってきた。

俺と同年代くらいの見知らぬ夫婦だった。

「おっ、やっと目覚めたか。」

「ここは?」

俺はとっさに答えた。

「ここは病院だよ。2日間寝込んでたんだ。」

「しっかし、お手柄だったな、加奈。銀行強盗を捕まえるなんて。」

「・・・・えっ?」

俺は何のことを言っているのかわからなかった。俺は銀行強盗であって
車に乗ろうとしたときに女に邪魔されたのであって・・・・・・。
話がさっぱりわからなかった。

それに俺を指して『加奈』と呼んでいる。
この人たちはいったい誰なんだ。
俺はすかさず質問した。

「誰ですか?」

「何いってるんだ、加奈。お父さんとお母さんだよ。」

「可哀想に・・・・・だいぶ頭を打ったのね。」

訳がわからなかった。
ここにいる俺が俺ではないみたいな言い方だ。

待てよ。
そういえば、さっきから違和感が感じる。

俺、こんなに身体が小柄だったっけ。
そういえば先ほど声を発したとき、女のような
甲高い声が出たような・・・・・。

そのとき、俺はトイレに行きたい気分になった。急いでトイレに入る。
トイレの鏡をみたとき、俺は唖然とした。
そこには俺があのとき車に乗ろうとしたときに俺の計画の邪魔をした女の
姿がうつっていた。

俺が動くと鏡の向こうの彼女も同時に動く。
どうやら、これが今の俺の姿らしい。

俺はあのときの状況を思い出しながら今の自分の有様を考えた。
その結果、あることに気がついた。

俺はあのとき彼女の頭にぶつかってから記憶がない。
あのときのショックでもしかして身体と魂が入れ替わったのだろう。
そのため、俺はあの娘としてここにいるってことか。

俺はそう結論づけた。

そのあと俺は急いで尿を足すことにしたのだが、男にあるものがない
ことに気がつき、一瞬あせった。

俺は今は女であることに理解し、女トイレに向かい、そこで尿を足した。
尿の足し方は無意識のうちに認識しており、俺は驚いた。
もしかして本能のようなものが身体に染み付いているのかもしれない。

尿を足し、病室に戻ってきた俺は彼女の父親、母親と思われる
人物に声をかけた。

「ねぇ、あの強盗の人はどうなったの?」

俺は無意識のうちに女の子らしい口調で言った。
(これがもしかして彼女の口調なのだろうか。)

「ああ、それなら捕まったよ。まだ目覚めていないようだけどね・・・・・。」

俺はその言葉を聞き、彼女の顔で不気味な表情をつくり微笑んだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。