情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞(聡)は冬用セーラー服を身に着けたまま
ふとんに入ったのだが・・・・・。

朝起きるとセーラー服が汗まみれになっていた。

「今日は冬服セーラーで学校に行こうと
思ったんだがな・・・・・・。」

霞(聡)は冬服セーラーをベッドに脱ぎ捨て
夏服セーラーに着替えた。

「いってきまぁーす。」

「あら、早いわね。いってらっしゃい。」

霞(聡)は朝食を食べて歯を磨き学校へ向かった。

「ああ~、寒っ!!今日は相当冷え込むな。冬服着て
くれば良かったかな。」

霞(聡)はそう思いながらも前を歩いていると、
目前に霞と同じ学校の娘が歩いていた。

その娘は冬服セーラーを着ていた。

霞(聡)は良いことを思いついた。あの娘から
今着用している自分の制服と彼女の制服を交換することに決めた。

霞(聡)は近くにあった公衆トイレの中に入った。
そして聡は霞の身体から離脱して冬用セーラーを着ている
娘を追いかけた。

彼女は信号待ちをしているところだった。
聡は彼女を見つけてさっそく身体の中に入った。

彼女は一瞬白目になったが、すぐに回復し、
にやりと嫌らしい笑みで微笑んだ。

聡は見事に彼女に憑依した。

「さてと、トイレの方に戻ろうっか、ぐへへっ・・・・・。」

そうして聡は彼女の身体で霞がいる公衆トイレへ向かった。

そしてその中に入ると鏡があり、彼女の顔が見えた。

「あら、この娘の顔もよくよくみると可愛いわね。ふふふ。」

聡が今憑依している娘は霞以上ではないが、そこそこ可愛かった。

「さてと、さっそく衣替えしないとね、霞ちゃんの・・・・・・ぐふふっ。」

彼女(聡)は眠っているように静かな霞のもとへとやってきて
いきなりキスをした。

「はぁー、やっぱり霞ちゃんの唇・・・・・おいしいっ!!今はもう私の
ものなんだよね。ふふふ。」

そういいながら霞の夏用セーラーを脱がしにかかった。
そして上下とも脱がすと今度は彼女(聡)が脱ぎ始めて、
すべてを脱ぐと霞の夏用セーラーを手に取り着替えた。

同じ体系のためサイズはあっていた。

「うはっ、霞ちゃんの制服きちゃったぁ~。今度は霞ちゃんの番だよ。ぐふふ。」

聡は彼女の身体から再び離脱して霞の身体に戻った。

「さてと、冬服も手に入ったし、着るとするか。」

霞(聡)は見事に着こなした。最後に胸ポケットにある名札を取替えて
制服の交換が完了した。

「私と制服交換してくれてありがとね。これは、せめてものお礼よ。」

ちゅぱっ!!

霞(聡)は眠っている彼女の口にキスをした。

「あなたの唇こそ、おいしかったわ、じゃーね。」

霞(聡)はそういってトイレから去り、学校へ向かった。


美由(男)と由香(俺)の姉妹同士のセックスは一段落した。

「さてと、そろそろ出るとするか。」

男は美由の身体を脱いだ。
そして俺も由香の身体を脱ごうとしたのだが、女性器の部分がムズムズしてきた。

何かと思い、下を見ると男性の肉棒があった。それは、明らかに俺の肉棒だった。

「なっ、なんだ、これは?いったいどうなってるんだ?」

「ああっ、もう破けたのか。」

「どういうことだ?」

「実は短期間のうちにその薬を何度も飲むと薬の効能時間がだんだん減っていくんだよ。」

「いったいどうすればいいんだ?」

「それなら、こんな薬あるよ。」

「それは?」

「これは身体の状態を安定させる薬だよ。」

「よっ、よしっ、それをくれ。」

俺はそれを飲んだ。だが、何の変化もなかった。

「ふふふ、それは解毒剤ってわけではないんだ。その状態を維持
するだけの薬だよ。」

「なんだと?ということはこの状態からもう元に戻らないってことか。」

「その通り。君は男性器を備えもった山中由香として生きていくことになる。」

「あああっ、なんとかしてくれ。もう戻れないのか。」

「残念ながら、元に戻す薬はないよ。もし元に戻る薬ができたらさっそく
知らせるよ。それまで我慢してくれ・・・・・。」

「・・・・・・・。」

男はそう言って去っていった。

「ああっ、どうすればいいんだ、これから・・・・・。」

俺は鏡を覗いた。
セーラー服姿の由香がうつっていたのだが、スカートを捲ると男性の肉棒がそこにあった。
スカートで隠しても興奮して立つときにはスカートが盛り上がり、肉棒を備えている
ことがバレテしまいそうである。

そのとき姉の美由が起き上がった。早くも目が覚めたようである。

「んっ、んん~~。あっ、あれ、私なにしてたんだっけ?」

「あっ、お姉ちゃん、おはよう・・・・・あっ、こんばんわか・・・・・。」

俺は焦り始めた。
俺は美由に視点を合わせると、下半身が裸のままだったため、俺はつい興奮し、
男のモノが反応してしまった。

そのためスカートの部分がもっこりと膨らんだ。

「由香・・・・・。スカートが盛り上がってるけど、何か入ってるの?」

「ああっ、これ、なんでもないよ。」

そのとき、大きな風が吹いた。窓が開けっ放しになっていたのだ。
そのせいでスカートの下のモノが見えてしまった。

「あわわっ、由香。それって・・・・・。」

完全に見られてしまった。
美由はその場を去ろうとしたので俺はつい身体が動いてしまった。

「待ってくれ。」

俺は美由の手を掴んだ。

「やっ、やめてっ、はなしてっ!!」

「・・・・・・。」

俺は黙って彼女を抑えていた。だが、彼女が激しく動いたため、床に倒した。

「ううっ・・・・・。」

彼女は再び気絶した。

「ああっ、しまった、こんなはずでは・・・・・・。」

とりあえず、彼女をベッドに寝かせた。
俺も今日は疲れたから由香の身体を着たまま寝ることにした。

翌日、朝起きると頭がぼぅーとしていた。
だがすぐに昨日のことを思い出し、これからのことを考えた。

そのときトイレに行きたくなり、そこに入り、下を脱ぐと・・・・・。

「あれ?ない・・・・・!!」

なぜか昨日まであった男性の肉棒はなくなっていた。
俺は複雑な気分のまま女性器で尿を済ませた。

部屋に戻って再確認するのだが、確かにあるはずのものがなかった。

「変だな。昨日までは確かにあったんだが・・・・・。」

「おはよう、由香!!」

美由が由香の部屋に入ってきた。俺は焦った。

だが・・・・・・・。

「昨日、ここに私の漫画本おいていかなかったっけ?」

彼女に責められると思っていたのだが、彼女は昨日の晩の記憶がないらしい。
床に倒して頭を打ったときに記憶が飛んでしまったのだろうか。
とにかく俺としてはラッキーだった。

「ねぇ、お姉ちゃん。昨日の晩、何してたのか覚えてる?」

「ん、そうね、何してたんだっけ?でも、なんで?」

「いや、別に・・・・・。なんでもないよ。」

俺は念入りに昨日のことを確認してみた。どうやら本当に昨日の記憶がないらしい。
男性器も姉の昨日の晩の記憶もなくなったので、とりあえずは解決したようだ。

俺は由香として彼女の学校に行くことにした。セーラー服に着替え、学校へ向かった。

学校で由香の振りをして授業を受け、友達と話したりするのは楽ではなかったのだが
これはこれで楽しかった。

そうして一日が終わり、家に帰り、部屋に入ると、俺は身体がムズムズしていたので
気晴らしに由香の身体でオナニーを始めた。

スカートを捲り、ショーツの上から手で秘部を撫でると・・・・・・。

ボゴッ!!

「こっ・・・・これは・・・・・?」

ショーツが盛り上がった。中を覗くと、男の肉棒がそこにあった。
どうやら女性器を弄り、興奮すると出てくるということがわかった。

俺は身体がムズムズしていたので由香の身体で俺の肉棒を弄ることにした。

「ああっ、いいっ、由香ちゃんの身体で俺のチンポ扱いてるぅっ、ああっ!!」

そのとき・・・・・・。

「由香ちゃん、おかえりっ!!」

姉の美由が入ってきた。帰宅したばかりらしく制服を着たままである。
それよりも由香の・・・・・俺の・・・・・男性器を扱いているところを
見られてしまった。俺は焦り始めた。

だが・・・・・・・・・・。

「あら、由香ちゃん、お邪魔だったかな。」

美由は全く驚いていない。自分の妹が身体とは不釣合いな男性器を備え、
扱いているというのに・・・・・。

「由香ちゃん、元に戻る薬もってきたよ。」

俺はこの言葉を聞いて確信した。ここにいるのは美由ではなく、昨日のあの男である
ことがわかった。

「ああっ、美由じゃないんだな。」

「おうよ。薬持ってきたぞ。」

「実はそれなんだけど、やっぱりいいや。しばらくこの身体に入ってようと思う。」

「そっかぁ。まぁ、いいや。せっかく来たんだから、また姉妹同士で楽しまないか?」

「ああっ、それなら。」

美由(男)はベッドに寝転がった。由香(俺)は美由の背後に馬乗りし、
スカート、ショーツを捲り、肉棒を挿入させた。

「ああっ、すっごい、いいっ、きもちいいよっ、由香ちゃん、あああんっ!!」

「お姉ちゃんこそ、このマンコ、すごくいいよっ。私のチンポが今にも
いっちゃいそう、はあああんっ!!」

二人は彼女たちを利用して大きな喘ぎ声を上げて姉妹同士の身体の
交わりを楽しんだのだった。

彼女たちの中に別の人間が入っていること誰も知る由もなかった・・・・・。


―完―


男により美由の着ぐるみと化した身体に無理やり入れられた俺と、美由の妹の由香に
着替えた男の姉妹同士のセックスは続いた。

「はぁ~~はぁ~~、どうだい?美由ちゃんの身体の快感は?」

「・・・・・・。」

俺は言葉にできなかったが、美由の身体で女性としての快感を味わい、もっと美由の
身体の中にいたいと思った。今までで美由の身体が一番快感だった。

「それよりも、なんで、そんなに女口調ができるんだ?本物の由香ちゃんだと
思ったぞ。」

「ああ、これは経験だよ。何度か女性の身体に入っているうちにできるように
なるよ。ふふふ。それよりも続きしようか。今度は逆でね・・・・。」

「・・・・え?」

『由香』は美由の身体を押さえ、中にいる俺を出した。そして男も由香の身体から出た。

「さぁ、これから逆もやろうか。今度は俺が美由ちゃんの身体に入るから君は
由香ちゃんの身体に入ってね。」

「お、おい!」

だがよくみると、長馴染みである美由も可愛いのだが、彼女よりも幼い顔をした
由香ちゃんも可愛かった。俺はこのとき由香ちゃんに入ってみたいと思った。

「ああ、それじゃあ、さっそく入ってみようかな。」

「あっ、そういえば、そろそろ時間だから新しい薬入れたほうがいいよ。
ほら、これは君のだよ。」

1粒の薬が手渡された。俺はそれを受け取り、由香の小さな口の中に入れた。
そうして俺は由香の身体に着替えたのだった。

鏡をみるとセーラー服を身に着けている由香の姿がうつっていた。
よくよくみると、由香が一段と可愛く見えてしまった。

「さて、それじゃあ、つづきやるわよ。由香ちゃん♪」

「お、おう・・・・・・・あっ、はい・・・・・。」

俺は慣れない女性口調で答えた。
そのとき男はすでに美由の身体に着替えており、準備万反だった。

「さぁ、お姉ちゃんのところにおいで、由香ちゃんっ♪」

相変わらず、女性の口真似が上手かった。俺は美由本人だと思ってしまった。

美由(男)は由香(俺)の唇に締め付けるかのような深いキスをした。
美由(男)は彼女の小さく可愛らしい舌を由香の口の中に入れて、由香の舌と絡ませた。
そうして由香の口元を刺激させたのであった。

「むふっ、ごちそうさま。由香ちゃんったらイケナイ娘だったんだね。」

「むぐっ。」

ようやく美由(男)の口は由香(俺)の唇から離れた。

「じゃあ、これからが本番だよ。」

「ああっ!!」

美由(男)は由香(俺)の身体をベッドに押し付けた。
由香(俺)はベッドに倒された。彼女の身体の上に美由(男)が乗り、
身体が押さえられ、身動きが取れない。

「ふふふ、どうかしら、こんな状況?」

「ああっ、問題ない、続けてくれ。」

「ふふふ、喜んで♪それじゃあ、お姉ちゃんが今からコノを挿入するよっ。」

取り出したのは両側に亀頭がついているバイブだった。おそらく、男がもって
きたものである。

「ああっ、頼む・・・・・あっ、うんっ、お姉ちゃん、お願い、私の中にそれ入れてっ♪」

由香(俺)は女口調で言った。

「ええ、もちろんよ。お姉ちゃんといっぱい一緒に楽しみましょ。」

「うっ、うん。」

美由(男)は由香(俺)のセーラー服のスカートを捲り、その中のショーツを
脱がしてバイブを挿入した。そして美由(男)も下半身裸になりバイブの
もう片方の部分を挿入した。

美由(男)と由香(俺)のお尻はバイブで交わった。

そしてスイッチを押すと・・・・・。

ぶぅううううううううんん~~~!!

「うぐっ、ああっん。」

「ああっ、いいっ、いいよっ!!」

二人はバイブの振動により女性の秘部を刺激させた。

「ああんっ、きっ、きもちいいよっ、お姉ちゃんっ。」

「うぐっ、そうだね、由香ちゃん。お姉ちゃんのチンポだと思って
いっぱい感じていいのよっ、ああんっ。」

「うっ、うん。」

美由(男)は由香(俺)の胸を触り始めた。

「ああっん、そっ、そんなにやると・・・・・。ああんっ。」

「どう?気持ちよかったでしょ?もっとやってあげる。ああん。」

美由(男)は由香(俺)の胸を揉みつつ、唇にキスをした。
由香の身体が反応している。かなり感じているようだ。

「はぁーはぁー、もうっ、だめだっ、これ以上やると・・・・・俺もう
イキそうだっ。あああっん。」

「由香ちゃんったら、女の子なのに俺だなんて可愛いっ♪もういっちゃうの?
だったら姉妹仲良く一緒いきましょっ、ああんっ。」

美由(男)は由香(俺)の手を掴み、その手で自分の胸を揉んだ。

「ああっ、いいっ、由香ちゃんっ、いいよっ。ああんっ。」

秘部にはバイブで攻められ、胸は美由(男)に弄られ、刺激が増幅した。

「あああっ、本当にもうだめだっ、ああああああっ。」

「ああん、お姉ちゃんもそろそろやばくなってきた。由香ちゃん、
お姉ちゃんと一緒にいくわよっ。あああんっ。」

「ああああっ、いくうううううううっ!!」

「あああっ、お姉ちゃんもっ、ああああああっ!!」

そして・・・・・・。

シャアアア~~!!

二人は同時にイった。
彼女たちの秘部は嫌らしい液で汚れた。

「はぁーはぁーっ、気持ちよかったね。由香ちゃん。」

「はぁ・・・・・・・はぁ・・・・・・。」

そうして姉妹同士のセックスを終えた。

俺はしばらく休んで杏子の身体から出て家に帰った。
手元にある薬を覗くと残り1粒になっていた。

「ああ、これが最後か。」

残りの1粒を誰に使うのか考えていた。

そのとき・・・・・・。

ピンポーンッ!!

インターホンがなる。ドアを開けると俺の長馴染みの山中 美由(やまなか みゆ)だった。

「こんばんわ。」

「ああ、こんばんは。どうしたんだ、こんな時間に。」

「あがっていい?」

「ああ、かまわないよ。」

俺は美由を俺の部屋に連れ出した。
彼女がこうして俺の部屋にくるのは何年ぶりだろうか。俺は昔と違ってどこか
緊張していた。

「へぇー、全然変わってないなぁー、この部屋。なつかしい。」

「ああ、そうだな。それで今日はどうしたんだ。」

「実はね・・・・・。」

彼女は女とは思えない力で俺をベッドに押し倒した。

「うあっ、なっ、なにするんだ、美由!」

「ふふふ、ごめん、ごめん。ちょっときつかったかな。これから二人でエッチな
ことしようっ♪」

彼女がそんな言葉を言うわけがない。
俺はこのとき確信した。ここにいる彼女は美由ではないことに・・・・・・。

「お、おまえ、美由じゃないな。いったい誰だ。」

「なにいってるの?私は山中美由よ。・・・・・・今はね。」

「・・・・・今は?」

「ふふふ。気づくのが早いわね。さすが長馴染みってとこかしら。」

目の前にいる『美由』はそういうと背中に手をやり、何かを弄った。美由の背中が
2つに割れ、何かがでてくる。 どうやら人間のようだ。顔を見ると、俺は思い出した。

さきほど、杏子の姉の身体を着ぐるみとして着用していた男だった。

「やぁ、またあったね。ふふふ。」

「なっ、なんで、お前が美由の身体の中に入ってるんだよ?」

「お前さんのこと、薬を買ったころから調べておいたんだ。どんな人間が俺の作った
薬を買ったのか気になってね。」

「じゃあ、お前は・・・・。」

「ああ、俺がその薬を売ったんだ。どうだい?効果のほどは?楽しんだかい?ぐふふ。」

俺はインターネットで着ぐるみにする薬を通販した。この男が作っていたことを
このとき初めて知った。

「いったい、これから俺をどうするつもりなんだ?」

「いやぁー、君に新しく開発した新商品を試してほしくてね。頼めるね?」

「・・・え?」

男はいきなり俺の腹部に拳をあて、俺は気絶してしまった。

2~3時間位して俺は目を覚ました。だけど、身体になにやら違和感が感じる。
それと辺りをみると俺の部屋ではなく、別のところだった。

かすかに覚えているのだが、幼いころにいった美由の部屋のようだった。
俺は掛けている鏡をみると、俺は驚愕した。

そこには俺がうつっておらず、美由の姿がうつっていたのだ。

「なんだってんだ、これは・・・・・。」

「ふふふ、ようやく気がついたようね。」

ドアが開き、美由の妹の由香が入ってきた。彼女は今は中学2年生である。帰宅後した
ばかりなのか、なぜか制服であるセーラー服を身に着けている。

「どう、美由ちゃんの身体は?長馴染みの娘の身体を着用した気分はどう?ふふふ。」

どうやら、ここにいる由香の中身は今は、あの男だろう。彼女には見せない下品な
言葉遣いや嫌らしい笑みによりすぐに気がついた。

「これから、どうする気だ?」

「ふふふ。もちろん決まってるじゃないか!妹の由香ちゃんと美由ちゃんの身体で
セックスするんだよ。それが望みだったんじゃないのか?」

確かにこの男の言っている通り、それを望んでいたのかもしれない。
俺は言葉が出なかった。

「じゃあ、お姉ちゃん、さっそくベッドに横になって♪」

男は由香の口調を真似てしゃべった。そして美由の身体を着た俺をベッドに倒した。

「なっ、なんて力だっ。」

美由(俺)の上に『由香』が乗り、強力な力で手足を抑えた。そのため身動きが
全く取れなかった。

「お姉ちゃん、私エッチなことするのハジメテなの。私の処女奪って!!ああんっ!!」

『由香』は美由(俺)の唇に厚い口付けを交わした。

「うはっ、お姉ちゃんのキスおいしぃっ♪私をもっと楽しませてね。お姉ちゃん!!」

『由香』はそういうと美由(俺)のスカートに手をかけ、股間部分を撫で始めた。

「あああっ!!」

「お姉ちゃん、感じてるの?じゃあ、お姉ちゃんのためにもっとココ苛めてあげるね♪」

『由香』はどんどん美由(俺)の敏感な部分を刺激させた。そのおかげで美由の恥部が
徐々に濡れてきている。妹によって犯されている姉の姿がそこにうつっていた。

俺はこの快楽という名の拷問を『由香』によってひたすら受けていた。

「ふふふ。お姉ちゃんもいっぱい感じてることだし、そろそろ私にも楽しませてね。」

そういうと今度は『由香』はセーラー服のスカートを脱ぎ、美由(俺)の私服のスカートを脱がせてショーツを身に着けたまま、お互いの敏感な部分を擦りあった。

「ああっ、おっ、お姉ちゃん、いいよっ、いいっ。」

「あああっ、だめだっ、刺激が強すぎるっ。あああっ。」

「お姉ちゃん、一緒にいこうっ♪なんかもう我慢できないのっ。」

「あああっ、俺も、もう無理だっ。」

「お姉ちゃんったら俺だなんて、可愛いっ♪はぁあああんっ!!」

「ああっ、もう、だめぇえええっ、あああっ!!」

「あああっ、いくっううううう~~!!」

シャアアア~~!!

『由香』と美由(俺)は早くもイってしまった・・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。