情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして次の日の朝、午前6時頃のこと。
私は目を覚ました。

あまり寝てないはずなのだが、彼から生気をもらったからだろうか。なぜか身体も頭も
スッキリとしていた。

私は立ち上がり偶然姿見を見ると私の・・・・自分自身の姿に驚愕してしまった。
そこにいた私は10歳は若返っており、さらに美化された私の姿だった。

私が動くと姿見に映る少女も同様の動作をする。

ほっぺを抓ったら痛みを感じ・・・・・夢ではなく現実のようだ。

ビデオにうつっている私・・・・・夢の世界の私と同様に美しく可愛らしかった・・・・

どうやらこれも彼から生気をもらったおかげなのだろうか。

私は嬉しさのあまり気分が舞い上がってしまった。

私は棚の中を偶然開いてみるとそこには『11』と記されたDVDがあった。
どうやらこれが最後のDVDらしい。
私はそれを再生して見ることにした。

さっそくセーラー服姿の若返り美化された『私』・・・・彼が現れた。

『よぉ、有香。お前がこれを見てる頃には俺はもういないだろうな・・・・。今まで意
地悪して悪かったな・・・・。最後にこれを受け取ったほしいんだ』

彼は結婚指輪を私に見せた。

『これは大学時代に俺がアルバイトをして貯めて買ったものだ。俺はもう死んでしまっ
て結婚はできないだろうけど俺の気持ちだ。受け取ってくれ。今までありがとな。じゃ
ーな・・・・』

彼は照れくさそうに言い・・・・そこで画面は真っ暗になった。
その後はいろいろな大学時代の想い出の写真などが流れ映像はすべて流れてしまった。


「あ・・・ありがとう・・・・さようなら・・・」


私は彼の告白に改めて涙を流した。

こんなにも私のことを想っていたということを改めて実感させられた。





その後のこと・・・・

私はいつものように会社に出社したのだが私の姿の変わりように皆が驚いた。

そして月日が経ち私は会社の同僚の人と親交が深まり交際することになった。

すぐに別れるものかと思っていたのだがあれから3年後・・・・・

結婚することになった・・・・

その翌年には妊娠し男児が生まれ・・・・・・

今では家族ができ幸せに暮らしている。

こういうふうに幸せになれたのも彼のおかげだった。
あのとき彼が現れなければそのまま私は亡くなっていたのかもしれない。

私は結婚後も彼に感謝をし幸せに暮らしている。

「・・・・ありがとう・・・・健史」

私は心の中でやさしくそう囁いた・・・・。



(了)

私は夢の中で楽しい毎日を送っていると・・・・・

『・・・・うか・・・・・ゆうか・・・・起きろ・・・・起きてくれ・・・・!!』

突然、男の人の声が聞こえた。

どこかで聞いたことのある声・・・・

私はその声により目を開くとそこには健史の姿があった。

「た・・・け・・・し・・・・」

『おお、気が付いたか・・・有香。危ないところだったんだぞ』

「どうして・・・・こんなことを・・・・・」

『実は・・・・お前は今日急死することになっている。俺はそうさせまいと思って
お前を救いにきたんだぜ。今までお前の身体で自慰を繰り返してるのはお前が死ないよ
うにエネルギーを注ぎ込んでるんだ』

「そ・・・・そうだったの・・・私はてっきり・・・・」

『ああ、そうだな。生前はお前をたくさん困らせたようですまなかったな。許してくれ
るとは思わないが罪滅ぼしに俺の霊体エネルギーをお前にすべて注ぎ込んでやる。俺の
分まで長生きしていってくれ』

すると、彼は私にキスを交わし生気(エネルギー)を私の身体に注ぎ込んでいった。

それにより彼の魂は削られていった。

『じゃーな、有香。いつまでも若々しく長生きしろよ・・・・』

「まっ・・・・まって・・・・・逝かないで・・・・」

私は彼を憎んでいたはずなのだが、なぜだか心の温もりを感じ知らぬ
うちに涙を流していた。
彼は私に頬笑みを返したまま徐々に粒子化され消滅していった。

「ありがとう・・・・そしてさようなら・・・健史・・・・・」

彼がそこまで私を想ってくれていたのかということを知り・・・・・

彼の私に対する本当の想いが伝わり・・・・・

私は彼との別れにひたすら涙を流し続けた。



映像に映っていた『私』は『6~10』は別編だから飛ばして良いと言っていたのだが
私はどうしても気になり全てを視聴することにした。

そして私は時間を掛けてそれらをすべて見終わることができた。
『6~10』の内容は私の好むものがなく趣向が違い特に不快でもあったので見終わっ
た後、すぐに処分することにした。

気が付いたら午後になっており私は途中で放り投げてしまった掃除を再び始めた。
そしてそれが済むと夕飯を食べシャワーを浴び・・・・・いつもと変わらぬ平凡な休日
を過ごした。

午後10時になり私はパジャマに着替え寝ることにした。

(ああ・・・・今日は特に疲れたなぁ・・・なんだか・・・・眠くなってきちゃった・・・・・)

私はベッドにつくとすぐに眠気が現れ眠ってしまった。

するとビデオを見てしまった影響なのか・・・・ある興味深い夢を見てしまった。
それはこういう内容だった・・・・・




午前6時頃。
私は目を覚めると姿見を見ると、そこには髪や肌が艶やかで若々しくさらに美化された
私の少女の姿があったのだ。

私が動くと姿見に映る私も同様の動作をする・・・・・紛れもなく私だったのだ。
ハンガーには夏用半袖セーラー服が掛っており私はそれに着替えた。

私はセーラー服を着るのが初めてで憧れていたのでこうして着ることができて嬉しく思
った。私は身だしなみをきちんと整え学校に行くことにした。

それが毎日のように繰り返し・・・・・

学校では友達と雑談を楽しんだり、恋をしたり、授業を受けたり、部活に専念したりな
ど素晴らしい毎日だった。私は中学、高校と学生時代・・・・いろいろ中途半端で地味
に過ごしていたのでこうした理想的な学園生活を味わうことができて良かった。

これで私の今までの悔いや心残り、そして未練はすべて消えていった。

だが、そのときだった・・・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。