情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして次の日、帰りの会が終わると、霞(聡)は香織に呼び止められた。

「どうしたの?香織ちゃん。」

「これから一人で行きづらいから一緒について行ってもらえるかな?」

「うん、もちろんいいよ。」

「ありがとう。」

「じゃあ、そろそろ時間だから行こう。」

「そうだね、行こう。」

霞(聡)と香織は屋上に向かった。

「じゃあ、ここでまっててね。」

「うん、わかった。いってらっしゃい、香織ちゃん。」

霞(聡)は屋上の扉付近で香織と別れた。
そのとき急に下から足跡が聞こえてきたので霞(聡)は隠れた。

足跡は屋上の方へ向かってきて、それは屋上の扉を開けた。
うっすらとだが男子生徒が一人入ってくるのがわかった。

そのとき屋上には香織がおり、誰かが入ってくるのに気がついた。

香織が振り向くと、男子生徒が立っていた。香織はその男子に面識があった。
隣のクラスで名前は『柏木大輔』という人だった。   
サッカー部で女子に人気が高かった。

そして、大輔は香織に話しかけた。

「あの・・・・ここに来てくれてありがとう・・・」

「実は・・・話したいことがあるんだ・・・」

「実は・・・前々から大山(香織)さんのこと気になってて・・・良かったら僕と付き合ってください!!」

香織は告白された。
香織は緊張のあまり言葉が出なかったが、ようやく自分の意思を口にすることができた。

「柏木くん・・・ありがとう・・・」

「私で良ければ・・・・よ・・・よろしく・・・おねがいします」

香織は頬を赤らめながら自分の意思を伝えた。
大輔と香織は照れくさそうな・・・・どこか楽しそうな、幸せそうなスマイルを浮かべた。

そして奥に隠れて、その光景を見ている霞(聡)も笑みを浮かべた。
ただし、それは大輔や香織とは違う不気味な笑みだった。

『これからどうイタズラしてやろうかな。楽しみだな。へへへっ!!』

霞(聡)は心の中でそう思いながら、嫌らしい顔つきでその光景を眺めていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。