情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「次は女の子の身体について教えてあ・げ・る♪」

霞(聡)がそういうと大輔は急に身体が重くなったような感覚に襲われた。
そして、意識が薄くなり始めた・・・・

しばらくして大輔が起き上がると、自分の身体に違和感を感じ始めた。
それに女子の制服・・・セーラー服を着ているのに気がついた。

「どう?気分は?」

大輔がその声の主を見ると、それは大輔の姿をしていた。
その目の前にいる大輔は大輔に手鏡を渡した。そして開くと大輔は驚いた。

「こ・・・・これは・・・・」

鏡には大輔ではなく霞がうつっていたのだ。今の自分が霞の姿をしているということか。
大輔はその状況にすごく混乱していたので、目の前にいる大輔は説明を始めた。

「ふふふっ、混乱しているようね。」

「実はね・・・」

「大輔君の魂と私(聡)の魂を別の肉体に移し換えたんだ。」

「つまり今は大輔君が霞で、今の私が大輔なんだ。」

霞(大輔)はその説明になんとなく理解できたようでさりげなく頷いた。

「でも、なんで・・・こんなことを・・・?」

「ふふふ、それは、ひ・み・つだよ♪」

聡は大輔に憑依してもなお、霞のくせが抜けないせいか女口調で話し続けた。

「それより、女子はココ触られると気持ちいいんだよ!それっ」

しこっ、しこっ

大輔(聡)は霞(大輔)のスカートを捲り、秘部を弄った。

「はぅ・・・ああああああ・・・・」

「どう?気持ちいい?」

「特別に一日だけコノ身体貸してあげる!」

「こんな機会、もうないかもしれないよ!じゃあーね。」

大輔(聡)は家に帰った。

「あ、ちょっと、木下さん・・・・」

「ど・・・どうしよう・・・これから・・・」

霞(大輔)は戸惑っていたが一日だけなら・・・・ということもあり、
落ち着きを取り戻した。とりあえず、霞の家に帰ることにした。
行った事はないのに無意識のうちに霞の家の方向へ向かっている。霞(大輔)はこの
信じられない能力に驚いていた。

そしていつの間にか霞の家、霞の部屋についていた。
部屋にある掛け鏡を見ると、セーラー服を着ている女子中学生、木下霞がうつっていた。
大輔は改めて今の自分が木下霞であることを認識した。

霞(大輔)はとりあえず、セーラー服を脱ごうとした。
すると、なんだか身体がムズムズしているのに気がついた。

スカートを下ろし、さきほど、学校で大輔(聡)が弄ったところを同じように弄ると
今までにない快楽に酔いしれ、興奮し始めた。

霞(大輔)は夢中になり、ずっとその部分を弄り続けた。

「あぅっ、はああああん」

「ああああん・・・はああああん・・・」

霞(大輔)は、つい喘ぎ声をだしてしまった。
だが、それも気にせずに霞の身体をどんどん扱いていった。

霞の秘部が今日も濡れた・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。