情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
c11.jpg



「はぁ・・・はぁ・・・・」

「わたしっ、もぅ、だめえええ」

「もぅ、イクのぉ~~」

「はぁ・・・・はぁ・・・・」

「はやく私の下のお口をデッカイ肉棒で突っついて!!」

これらの言葉もすべて後ろで男が操っていた。
男は満足そうに微笑んだ・・・・


前回の話