情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の名前は新井ユイ、中学2年生。
私はいつものように平凡な日常を過ごしていた。
あの日が来るまでは・・・・・

あれは学校からの下校途中だった。
私は友達と寄り道していて、すっかり遅くなり親も
心配しているので急いで走って帰ろうとした。

すると、途中の曲がり角で私は何かにぶつかり、気絶した。

しばらくして、目覚めると、激痛により泣いていた。
誰かが私を慰めようとしていたが、よく顔が覚えていなかった。

少し落ちついたとき、車が一台近くに止まり、老人が出てきて
変な匂いのするものを嗅がされ、気絶した。

それから、気がつくと・・・・
ある部屋に私はいた。

偶然、私は近くにある鏡を見ると、私ではなくそこには先ほどの
老人の姿がうつっていた。

私はすごく混乱した。

そのとき部屋から誰かが入ってきた。
見ると、高校生くらいの女の人がそこに立っていた。
彼女は制服の上に白衣をまとっていた。

「どう?調子は?」

彼女は私に話しかけた。
私はすかさず質問した。

「あなたはいったい誰?」

「ふふふっ、私はココの・・・・この研究所の所長よ!!」

彼女はそう言った。
だが、私は彼女の若さのせいか信じられなかった。

「ふふふっ、いい事教えてあげる!!実はね、この身体、
私のものじゃないの。3時間ほど前に私とあなたともうひとりの人とで
人間が別の肉体に入れ替われるかどうかの人体実験をやったのよ。
そうしたら、見事成功しちゃった♪」

「それで私は今、この女の子の身体に入れ替わったってわけ!!」

「あっ、ちなみにあなたの今のその身体、私のだからね!!」

「まぁ~、寿命で助からないけど・・・その身体・・・・」

「でも、最後に楽しませてあげる♪」

彼女はそういうと、注射器を持ってきて私の腕に注射した。
すると、身体が若返るかのように元気になった。

「あなたに30分だけ若返る薬を投与したわ!!でも時間が過ぎたら一気に老化して
命を落とすことになるけどね。」

鏡を見ると、20歳くらいの男性がうつっていた。身体が若返ったのだ。

「じゃあ、この30分間楽しんでいってね!」

すると、彼女は私の着ている服をすべて脱がし、身体の敏感な部分を舐め始めた。

「あっ、あああんっ!!」

あまりの快感に私は喘いでしまった。

「もう、感じちゃったの?早いわね。まぁ、いいわ。お姉さんがもっとイかせてあ・げ・る♪」

彼女は私を舐め続けた。今までに経験したことのない快楽だった。

そして・・・・30分後・・・・・
私はそのまま永遠の眠りについた・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。