情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は次の日、山田さんに小声で話しかけた。

「昨日、トイレでオナニーしてたでしょ?」

「・・・・なんのこと?」

「実はこれなんだけどね。」

山田さんに写真を見せる。
それは山田さんが一人エッチをしている写真だった。

実はあの後いったん家に戻り、自分の身体に戻ったのだが、
作戦を練って再び霊体となり、学校へやってきたのだ。

そして・・・・
再度、山田さんに憑依することを試みた。

その結果、今度は上手くいき、山田さんの身体に憑依することに成功した。
そのときはちょうど、昼休みだっためにトイレへ直行した。

鍵を閉めて、さっそく一人エッチを始めた。
手始めに片手で胸を揉み始めた。

モミッ、モミッ

「うはっ、これが山田さんの胸かぁ。結構敏感だな。さて、お次は・・・・」

もうひとつの手でスカートを捲り上げ、秘部を弄り始めた。

「はぁ・・・はぁ・・・・なに、ココ!すっごくイイ!もっと擦っちゃおっと♪」

そういいながら、山田さんの女としての快感を楽しんだ。

そして休み時間がなくなってきたため、山田さんに憑依した僕はポケットの中から
携帯電話を取り出し、写メを取った。

胸を揉んでいる写真、スカートを捲り秘部を弄っている写真、セーラー服を脱いで
裸になって嫌らしいポーズをしている写真、身体の嫌らしい部分を
アップにしてとった写真など・・・・・それは十数枚にわたった。

そしてそれを僕のパソコン、携帯電話に送った。
最後にこれまでの証拠を消去し、制服を整え、教室へ戻った。

そのあと、自分の身体に戻り、パソコン、携帯電話に送った
山田さんの一人エッチをしている写真を確認した。

そして次の日・・・・・山田さんにそれを見せると・・・・
山田さんは驚いていた。

僕は山田さんの弱みを握ったのだ。
勝手に憑依して山田さんの身体で一人エッチをしたものなのだが・・・・・

山田さんは小声で言った。

「あとで何でもするから、その写真を誰にも見せないで!!」

山田さんは服従した。

そして放課後・・・・
誰もいない教室で僕と山田さんはイケナイ遊びを始めた。
彼女にペニスをしゃぶることを強要したり、彼女自身がオナニーするように言ったり、
ディープキスをしたり・・・・・最後には彼女に馬乗りし、ペニスを彼女の秘部に挿入した。

彼女は泣きながらも、何もできずにその嫌らしい行為をずっと耐えているのみだった・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。