情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あっ、あっ、ああああああああ!!」

「はああああん、あああああん!!」

シャアア~~

霞(聡)と大輔は最後までイってしまった。
愛液が嫌らしく噴出した。

「はぁ・・はぁ・・・最後までイったようね。」

「私が大輔君のチンポ舐めて洗ってあげる♪」

「あっ、ありがとう!木下さん!」

霞(聡)は大輔のペニスを舐めようとしたとき、チャイムが鳴った。
どうやら、香織が家に遊びに来たらしい。

霞(聡)と大輔は慌てて身だしなみを整えた。
大輔はとりあえずクローゼットに隠れることにした。

霞(聡)は汚れた部分をティッシュで拭き取り、グチャグチャに
なっていることを隠した。

「あら、いらっしゃい。」

「あがってよ。」

「うん、ありがとう。」

「実は明日何着ていくか、迷っちゃって。」

「一緒にショッピングに行かない?」

「うん、いいよ。」

「でも、ちょっとだけ待っててね。」

霞(聡)は部屋へ戻って大輔のいるクローゼットをあけた。

「私、これから香織と出かけるから、留守番頼むわね。」

「ちょ・・・・ちょっと待って、木下さん・・・・」

霞(聡)はそう言い、急いで部屋から出た。

「お待たせ♪」

霞(聡)と香織はショッピングに出かけた。

「これから、用事あるのになぁ~、どうしようかなぁ~。」

大輔はそう思いつつ、霞(聡)が帰るのを待った。

そして、3時間が経過したころ・・・・・

「さぁ、あがってよ。」

「うん、ありがとう。」

霞(聡)は帰ってきた。だが、香織も一緒に部屋にやってきた。
大輔はそれをクローゼットの中で静かに見張ってた。

トンッ!!

大輔は緊張のあまり音を立ててしまった。

「何の音?クローゼットの中から何か聞こえたけど。」

「気のせいだよ。アハハ!!」

霞(聡)はなんとか誤魔化した。
クローゼットの中に香織の大好きな恋人である大輔がいるとわかると
おそらくショックを受けるだろう。

「大輔君、今、何してるんだろ。電話掛けてみっと。」

「まぁ、どうせ、明日話せるんだから。楽しみに取っておこう。」

「うん、そうだよね。そうする。」

霞(聡)はかなり焦った。

しばらくして、香織は家に帰った。

「ふぅ~、やっと帰ったか。」

「さてと!」

霞(聡)は大輔のいるクローゼットを開けた。

「大輔、こんなに待たせてごめんね。」

「こんなモノで許してね。」

霞(聡)は大輔に猛烈なキスをする。窒息するほどの勢いだった。

「はぁ・・・はぁ・・・大輔、だいすけ・・・いいっ・・・いいっ・・・」

「あああ・・・木下さん・・・ああああ・・・」

霞(聡)と大輔は香織が帰った後もイケナイ事を続けた・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。