情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼休み・・・・・
香織(大輔)は霞(聡)に屋上まで呼び出された。

「やっと着たわね。香織ちゃん。」

背後から霞(聡)が話しかけた。

「さっそく、はじめようっか。女同士のセックスを・・・・・。」

「お・・・・・おう・・・・・」

香織(大輔)は戸惑いながら答えた。

「あぐっ!!」

霞(聡)は香織(大輔)の身体を抱きしめ、香織(大輔)の口にキスをした。

「あああん、おいしぃっ!!もっと舐めるよ。」

そう言うと、霞(聡)は香織(大輔)の口を開けて愛らしい舌を
香織(大輔)の口の中に忍ばせた。

「うぐっ、ああああんっ、あああああっん!!」

香織(大輔)は喘ぎ始めた。
霞(聡)は香織(大輔)を勢いよく、せめている。

「うはっ、香織ちゃんってやらしい身体してるんだね。乳首立ってるよ。それも舐めてあげる♪」

すると、霞(聡)は香織(大輔)の乳首を舐め始めた。

チュパッ、チュパッ!!

「はぁ~、あああん、き、きのしたさん、あああああっ!!」

香織(大輔)は感じていた。

「うはっ、香織ちゃん、可愛い喘ぎ声出すねぇ~。私も喘いじゃおうっかなぁ~」

すると、霞(聡)は香織(大輔)の右手を取り出し、スカートを捲り、ショーツを脱ぎ、
霞(聡)の秘部へと誘導した。

「香織ちゃんは私のコノ敏感な部分でも撫でてね。」

「おう・・・・わかった・・・」

香織(大輔)は霞(聡)の秘部を撫で始めた。

「はああああんっ、あああああん、いっ、いいっ~ん・・・・・・かおりったら・・・・・・
はぁ・・・・はぁ・・・・・扱くのうまい・・・・あああんっ、いきそう~~」

霞(聡)は大きな喘ぎ声を出した。

お互いの喘ぎ声が屋上で響いた。

「あああああんっ、わたし、もうでそう・・・・・・あああああん・・・・・・いくぅうううう~~!」

「ああっ、木下さん、俺もでそう・・・・・あああんっ!!」

「かおりったらああ、自分のこと、俺ってええええ・・・・・可愛い♪」

「はぁ・・・・はぁ・・・・・もう限界!!出すよぉ~、香織ちゃん!!」

「あああああああああっ!!!」

「木下さん、ああああああああっ!!」

シャアア~~!

二人は最後までイってしまった。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・気持ちよかったね。私の香織ちゃん♪」

「き、きのしたさん結構激しかったね・・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・」

「ふふふ。今度また一緒にセックスしましょ。」

「あっ、ああ・・・・」

香織(大輔)は満足そうな笑みを浮かべて屋上をあとにした。
霞(聡)は外の新鮮な空気にひたりながら、空を見上げ、その場に横たわった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。