情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香織(大輔)が教室に戻ったあと、
屋上で霞(聡)は外の新鮮な空気にひたりながら、空を見上げ、その場で休んだ。

「ああ~、昨日の夜は俺がんばったなぁ~。あんなにしんどいことになるとは思わなかったぜ。」






昨日・・・・

香織(大輔)を駅で分かれた大輔(聡)は大輔の家に帰った。
大輔の部屋に入ると聡は早速、大輔の身体から抜けた。

「ふっ、男の身体はイマイチ気が引けるな。早いとこ、こいつに似合う
魂見つけて霞ちゃんの・・・・いや、今の俺の身体に戻らないとな。」

聡はそう言いながら空中を浮遊しながら探索を始めた。
聡は空中に浮びながら街で歩いている女性・・・・主に女子高生・・・・
を見るたびに、顔がにやけた。

「うわぁ~、あのコ可愛いなぁ~、今度入って(憑依して)みようかなぁ~。」

そういうことを思いながら大輔の身体に入れる霊を探し始めた。
だが、霊が中々見つからなかった。

「うむ、ここら辺だとあまりいないな。もっと霊がいそうな場所に行ってみるか。」

聡は近辺にあった廃病院に入った。

スゥ~~!!

壁をすり抜け、中へ入った。

「さてと、探してみるか。」

聡は次々と前へ進む。辺りは真っ暗で何も見えないはずなのだが
霊である聡には辺りに何があるのか感知できる。

しばらく進むと階段があった。聡はそこを降りると何かを感知した。

「ん・・・・だれかいるな。そこにいるのはだれだ!!」

聡は言った。

すると・・・・
聡は階段の端のところに誰かが座っているのが確認できた。

「お・・・おい・・・お前・・・・」

聡がそこにいる霊に言った。

すると、その霊は振り向いた。

「え・・・・だ・・・・だれ?」

その霊は少女だった。10歳くらいだろうか。
とても可愛らしかった。

「お前、一人か。」

聡はその霊に言った。

「うん・・・ずっとパパとママを待ってるの。」

「それはいつからだ。」

「・・・・わからない。でもずっと、ここで待ってる。」

「そっかぁ~。大変だな。・・・・・俺は急ぎの用事があるから、じゃあな。」

「うん・・・・」

ドーン!!

そのとき・・・・・

床から爆発音がした。
そして大きな罵声が聞こえるともに床から何かが現れた。

「ごぉおおおおおおおんん!!」

姿を見ると、それは怪物だった。
体長が5メートルくらいあり、全身が腕や足、顔、腹のいたるところに人や獣の骸骨が刻まれていた。

その怪物は少女に目を付けると、とっさにその少女を捕まえた。

「きゃー!!助けてぇー!!」

悲鳴を上げる少女。

「ああっ、そのコから手を放せ!!」

やむを得ず聡はその怪物に向かって体当たりをした。
だが・・・・その怪物の外皮が硬く、聡にダメージを負ってしまった。

「ぐはっ・・・・・」

怪物が少女を食べようとする・・・・・・

「きゃー!!!」

そのとき・・・・・

ボオオオオオオ!!!

怪物に向かって炎が放たれた。

「グオオオオオオオオッ!!!」

焼け焦げて徐々に消滅していく怪物・・・・・
聡は何が起こったのかよくわからなかったが、とっさに少女を抱えて助けた。

【やれやれ。無事のようだな。】

男の声が聞こえた。
姿を見るとそれは・・・・・。

怪物に火炎を放った男とはいったい・・・・・・次回へつづく・・・・。



※脱線してしまいました。申し訳ございません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。