情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞(聡)は大輔(直弘)のペニスを舐めた。

ペロッ、ペロッ!!

「はあああああっ!!」

霞(聡)が舐めると、大輔(直弘)は抜いたばかり
なのにすぐに復活し、さらに感じ始めた。

「もっと、舐めてあげようっか?」

「お、おう、頼む・・・。」

ペロッ、ペロッ!!

「あぐっ、ああああああっ!!」

キンコンカンコーン~~!!

そのとき、チャイムが鳴った。

霞(聡)と大輔(直弘)はうっかり時間のことを
忘れていた。

二人は急いで屋上から降りてそれぞれ教室のほうへ向かった。
霞(聡)は授業を受けつつも相当溜まっていたため、授業に
集中できなかった。

そのため、シャーペンや自分の指を使い、スカートの上を
撫で始めた。

「はぁ~んっ!」

小さな声で喘ぎ声が漏れる。
幸いにも周りが騒いでいたため、聞こえなかった。

霞(聡)はそうして何度も自分の秘部を撫で続ける。
そしてイク寸前のところで止める。

それを何度も繰り返した。
そのおかげで放課後にはたくさん溜まっており、
今にも誰かを犯したい気持ちに駆られていた。

帰りはもちろん、いつも通り香織と一緒なのだが、
中身は大輔である。

誘ってみてもう一度、レズることもできるのだが
霞(聡)はそうしなかった。

霞(聡)は香織(大輔)と別れたあと、自分の家とは
違う方向の道を歩いていった。

そのまましばらく行くと、あるアパートに着いた。
それは霞(聡)の知っているアパートだった。

実はそこは聡の元カノの新垣沙織が住むアパートである。
霞(聡)はニヤリと笑い、二階にある沙織の部屋の玄関前まで歩いた。

霞(聡)は念力を使い、ドアの鍵をこじ開け、中に入った。
どうやら、沙織は大学からまだ帰ってきていないらしい。

部屋の中は静寂に包まれていた。

「ふふふ。とりあえず、ここで待たせてもらうか。」

霞(聡)は沙織の部屋から何か恥ずかしいものがないか
部屋を荒らしながら沙織の帰りを待っていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。