情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞(聡)は膣からバイブを抜き取り、少し休んだ。
制服が乱れたまま、沙織の身体に抱きつきながらベッドに横になった。

そして霞(聡)は少し休むと起き上がり、カバンを取り出して
中からペニスバンドを取り出した。

沙織もそのときには正気を取り戻し、正常な状態に回復した。

霞(聡)はペニスバンドをスカートの下に装着する。
そのためスカートのシルエットがモッコリと膨らんでいる。

「へへっ、沙織、久しぶりだろ?俺のペニスは・・・・。
今から挿入するから待ってろよ。」

霞(聡)はスカートを捲り上げ、ペニスバンドを沙織に見せ付けた。
そして背後から沙織の身体に抱きつき、沙織の秘部にそれを挿入した。

どきゅっ!!

「アアッ!!」

沙織は思わず声を出した。

「どうだ!沙織、気持ちいいか。もっと喘いでみせろ!」

「ああっ・・・・ああああっ!!」

沙織は抵抗したのだが、それも空しく霞(聡)の思うがままに
なっていた。

どきゅっ、どきゅっ!!

霞(聡)が沙織の秘部に『霞のペニス』の出し入れを繰り返す。

「ああっ、あああっ、やめてっ、あああっ!!」

その度に沙織は喘ぎ声を繰り返す。

「沙織の喘ぎ声可愛いよ。だからもっと続けるね。」

どきゅっ、どきゅっ、どきゅっ!!

霞(聡)はペニスのピストン運動をどんどん続けた。

「はぁ~、あああん、はああああんっ!!」

沙織はイきそうである。
顔を赤らめ、汗をかいている。

「ふふふ。相当感じてるみたいだな。
そんなに気持ちいいのか、それ?少し俺にもやらせてくれ!」

霞(聡)は沙織の秘部から『霞のペニス』を離した。
沙織は絶頂を迎える寸前だった。沙織は気絶した。

霞(聡)はペニスバンドを取って、沙織の股間部分に取り付けた。
沙織の股間部分に男性器が付け加えられた。

気絶した沙織をベッドに寝かせ、その上に霞(聡)が乗っかる。騎乗位したのだ。
そして霞(聡)は沙織のペニスバンドをつかみ、霞の秘部に挿入した。

どきゅっ!!

「ぐふっ!!こ、これはいいっ!!最高にいいっ、あああああっ!!」

霞(聡)は女体の上にある男性器を突きつけられ、興奮していた。

「はぁ・・・・はぁ・・・・いいっ、沙織いいぞー、
あああっ、ああああああっ!!」

「俺、今、沙織に犯されてるのか。こういうのも
悪くないな。はぁ・・・・はぁ・・・・・。」

どきゅっ、どきゅっ!!

「ああっ、だんだん俺の身体(霞の身体)が汚されていくっ、あああああっ!!」

霞(聡)は女性としての絶頂を迎えようとしていた。

「あああああっ!そっ、そろそろ、ぐちゃぐちゃになりそう!!」

そして・・・・・

「うっ、うああああああっ、いくぅうううううううううっ、ああああああああっ!!!」

シャアア~~!!

霞(聡)の秘部から愛液が噴出した。

「はぁ・・・・はぁ・・・・・良かったぁ~・・・・。」

霞(聡)は汚れた部分をティッシュで拭き取り、ベッドに横たわった。
そして聡は霞の身体から離脱した・・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。