情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沙織(聡)と霞(沙織)はお互いの身体に交わりあい、
セックスを続けていた。

「ああっ、いいぞっ、沙織!!あああっ!!」

沙織(聡)は霞(沙織)の身体を押し倒してどんどん攻め続けた。

「ああっ、もっ、もうっ、やめてぇっ!!あああっ!」

「なにいってんだ、沙織。今更やめられるわけないだろ。
それに沙織だってその身体(霞の身体)で結構感じてるんだろ。」

「おっ、お願い、やめて、こんなこと・・・・・。」

霞(沙織)は抵抗しようとしたのだが、その抵抗も空しく
沙織(聡)の力で押さえつけられたまま自由に動けなかった。

霞(沙織)の身体の上に沙織(聡)が乗っかり、霞(沙織)と何度もキスを交わした。

チュパッ、チュパッ!!

「・・・・ああーん、霞の唇ったらおいしぃっ♪もっと舐めちゃおぅっと。」

チュパッ、チュパッ!!

聡は沙織の口調で言いながら、霞の中に入った沙織をどんどん苛める。

「ああっ、やっ、・・・・めてっえええええ!!!」

「ふはっ、霞ったら可愛い♪今度は胸のほうを舐めてあげるね。」

ペロッ、ペロッ!!

霞(沙織)の胸に沙織(聡)に舌が近づき、おいしそうに舐めまわした。

「ああんっ、だっ、だめえええええ!!やめてええええっ!!ああああっん!!」

霞(沙織)は絶頂を迎えそうだった。

「ふふふ、霞ちゃん、そろそろ限界みたいだね。じゃあ、お姉さんが最後まで
責任をもってイかせてあげるっ♪」

沙織(聡)はバイブを取り出して霞(沙織)の穴に挿入させた。
そしてスイッチを押す。

ブウウウウウウン~~!!

激しい振動音が膣に響き渡り、どんどん霞(沙織)を汚していっている。

「ああああああああっ、お願い!!とめてええええええっ、あああああああああっ!!」

霞(沙織)は大きな声で沙織(聡)に訴えかけたのだが、それも空しく次の瞬間・・・・・。

「あああああああっ!!」

シャアア~~!!

霞(沙織)は愛液を噴出させた。最後までイってしまったのだ。

「ふふふ。どうやらその身体でいっぱい楽しんだようね。
じゃあ、次はチェンジするね。」

聡はそういうと、沙織の身体から抜けて霞の身体に入った。
そして沙織の魂を沙織の元の身体に戻した。

「はぁ・・・・はぁ・・・・お姉ちゃん。さっきは気持ちよかったよ。
ありがとう。私にお返しさせて♪」

霞(聡)は沙織の膣を舐め始めた。

「うぐっ、やっ、やめてったら!!」

「これはさっきのお返しだよ。気持ちいいでしょ?沙織お姉ちゃん。」

「あああっ・・・もうっ、やめてったらあああああ!!!ああああん!!」

そして・・・・・しばらくして沙織は自分の身体でイってしまった。

「ふふふ。お姉ちゃんったらすっごくエッチだね。私の身体でイッタあとも
自分の身体でもまたイクなんてね。」

「・・・・・。」

沙織は精神的に疲れており放心状態になっていた。

霞(聡)はセーラー服を整い、帰る準備をした。

「今日は楽しかったよ。今日は遅いからもう帰ろうっかな。
ばいばい沙織お姉ちゃん・・・・・なんてね。ふふふ。」

霞の口調でお別れの挨拶を言い、部屋を去っていった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。