情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女の子同士の遊びはずっと続いていた。

大山さんと私は、お互いの体に触れ合った。

「女の子同士ってのもサイコウに気持ちいいよな。」

私は、唖然とした。大山さんの口から

女の子とは思えない男性の声を発した。

私は、目の前にいる彼女(彼?)が大山さん

ではないということに気がついた。

「あなたは誰?」

と、私が言うと、

目の前にいる彼女は信じられない行為をした。

彼女は、髪をとり、顔(マスク?)を外した。

すると、その中から男性の顔が現れた。

体は大山さんで顔は明らかに男性だった。

「ふふふ、俺は・・・・・・」

彼は何かを話しているようだが

だんだん意識が遠ざかり・・・・

気がつくと、ベットにいた。

朝になったのだ。

私は目が覚めた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。