情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さぁ、美由紀ちゃん、私と霞ちゃんの3人で楽しみましょうね。」

「ええ。私今、ものすごく興奮してるの。早く私を犯して。」

霞(聡の魂の一部)と恵(聡)は美由紀のスカートを捲り、
ショーツを脱がせて秘部を舌で舐めまわした。

「あああんっ、あああんっ。」

「どう?きもちいい?美由紀ちゃん。」

「ええ、すごくいいわ。もっと続けてっ。」

「ふふふ。言われなくても。」

ちゅばっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ・・・・・・。

美由紀の秘部から嫌らしい音が聞こえる。
霞(聡の魂の一部)と恵(聡)は相当舐めている。

と、そのとき、恵(聡)が一旦舐めるのを止めた。

「美由紀ちゃんばっかりズルーい。私のも舐めてよ。」

「そうね。それじゃあ、3人で敏感なところを擦りあいましょう。」

「賛成!!」

美由紀は恵(聡)のスカートを捲り、ショーツの下に隠されている彼女の
クリトリスを舐め始めた。

そして霞(聡の魂の一部)は美由紀のクリトリスを舐め始め、彼女は
というと鞄からバイブを取り出し自分の秘部に挿入した。

「ああああん、はあああああんっ、いくうううううううっ!!」

教室で3人の喘ぎ声が大きく響いた。

彼女たちは限界にまで達したら、体勢を整えて違う体位で絡み合った。
美由紀と恵(聡)がペニスバンドを装着し、霞(聡の魂の一部)の上に
美由紀が馬乗りし、霞の穴にペニスバンドを装着し、さらにその上に
恵(聡)が美由紀の上に乗りペニスバンドを彼女の穴に入れた。

「はぁー、いいっ。私、木下さんを犯してるのにっ、上から沖田さんが
犯してくるっ。」

「ふふふ、どう、美由紀ちゃん、気持ちいいでしょ。私のおちんちんが
あなたの穴の中に入りたがってるの。いっぱい入れてあげてねっ♪」

「ああっん、美由紀ちゃんのオチンポが私のオマンコに何回も突っ
ついてるぅぅうう。その調子でもっと私を苛めてっん♪」

彼女たちは、限界に近づくと場所・ポジションを入れ替え、3人で
レズプレイを楽しんだ。

3人といっても美由紀は性欲剤を大量に飲まされ、正気を失っており
恵と霞には聡の魂が憑依しており、まともな状態ではなかったのだが、
彼女たちは、それぞれの身体を汚しあった。

そうして聡は彼女たちを狂わせた。
次々と聡の虜となっていった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。