情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あの・・・・・すいません・・・・・ちょっといいですか?」

「ん?今度はなにかな?」

霞(聡)はもう一度タイミングを見計らって少女の唇にすばやく自分の唇を
くっつけた。

「むぐっ!!」

それにより聡の魂が霞の身体から少女の身体へとうつっていった。
少女は一瞬白目を向いたのだが、怪しげな笑みとともに回復した。

「おっ、成功のようだな。それにしてもこの娘、胸でかいな。何々・・・・・
名前は白井有亜・・・・・・・高校1年生か・・・・・・・。」

有亜に憑依した聡は、彼女の記憶を読み取った。

「うぐっ・・・・・・ああっ・・・・・・こっ、これは中々の感触だ。
それにしてもこの娘、相当エッチな身体してるなぁ。大部溜まってるんじゃな
いのか。これは。何々・・・・・記憶によると、オナニーしたのが三ヶ月も前か。
だったら・・・・ここで発散させたほうがいいな。ぐふふ。」

有亜(聡)は混雑している車内でオナニーを始めた。

有亜(聡)は隣にいる霞の手を自分のスカートの中に忍ばせてショーツの上を撫で
始めた。霞の手を性具として利用した。

「ああっ・・・・・・いいっ・・・・・・コノ娘の手を使ってコノ身体を扱く
のもいいけど他人の手を使って痴漢されるのも気持ちいいなっ♪はぁ・・・・・
はぁ・・・・・。」

それから大きな胸を前に立っている人に強く押し付けた。すでに密接はしているのだが
それでも力強く、積極的に押した。前に立っている人はサラリーマンのようで、いったい
どう思うのだろうか。

そんなことも考えずにひたすら嫌らしい行為を続けた。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・この娘、胸がデカイおかげで他の人の身体に
すぐに密接状態になる。この娘、毎回電車の中で興奮してるんだろうな。
下がもう濡れかけてるぞっ。」

そのとき、電車が大きな駅に到着し、人が降りていった。
そのおかげで少し身が自由になった。

「よし、そこそこすいてきたな。霞ちゃん、俺の後ろにまわってくれ。」

霞は有亜(聡)の命令に忠実に従い、後ろにまわった。

「よし、いいぞ。さっそく俺を・・・・・・この身体に痴漢してくれ。」

すると、霞は左手で有亜(聡)の大きな胸を揉みほぐし、右手を有亜(聡)の
スカートの中に入れてショーツの上から撫で始めた。

「ああっ・・・・・・すっ・・・・すげぇーよ・・・・・・これ。こんなに
気持ちいいとは・・・・・・はぁ・・・・・はぁ・・・・・はぁ・・・・・。」

有亜(聡)は霞に犯され興奮していた。

「ああっ、いいっ、いいよっ、霞ちゃん、ああっ、ダメだっ、いくっ、
いきそうっ!!・・・・・・んうんっ、霞ちゃん、だめっ、もっ、もう、いきそう
なのっ。ああんっ!!」

有亜(聡)は小声で喘ぎ続けているのだが周囲の人には既に聞こえていることだろう。
有亜(聡)の喘ぎ声は次第に大きくなり人々の注目を浴びることとなった。

「ああん、私ったら、いけない娘ね。公衆の前でこんなに淫らなことをするなんて。
でも私は悪くないの。私は今、痴漢にあってる被害者なんだからっ、はあああんっ!!
はぁ・・・・・はぁ・・・・・・それにしても後ろの娘、手が器用ね。私をこんなに
イカせてくれるなんて、あああんっ!!」

有亜(聡)はやりたい放題、身体を霞に苛めさせた。

と、ここである駅に着いた。
有亜(聡)は霞に痴漢を止めるように命じて霞と他の洗脳済みの女子高生たちを連れて
電車を降りた。その駅は有亜の学校の付近の駅だった。

有亜(聡)は女子高生たちを待たせ、霞とともにトイレの中へ入った。

「へへへ、ここならだれにも邪魔されないな。ここで俺を最後までイカせてくれっ!!」

すると、霞は有亜(聡)の胸、秘部を大胆に触り始め、身体を敏感にさせた。

「ああんっ、霞ちゃん、うまいよっ、もっと私の身体を扱いてっ。はあああんっ。」

そして霞は仕上げにかかった。有亜(聡)のスカートを捲り、ショーツを脱がせて
秘部を舐め始めた。

「ああっ、だめっ、霞ちゃん、いっ、いくぅっ、だめぇっ~~、あああああっ!!」

シャアア~~!!

有亜(聡)は愛液を噴出した。

「はぁ~~、これが三ヶ月間溜めておいた私の汁かぁ~、舐めちゃおっと♪」

有亜(聡)は自分の愛液を舐めた。

「ああん、おいしいっ♪さすが私の愛液ね♪この身体気に入っちゃったっ!!
しばらくこの娘の中にいようかな、ふふふ。」

聡は有亜の身体を満喫した。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。