情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・気持ちいい。
これが木下さんのっ・・・・・・身体かぁ~・・・・・・・ああああっ!!」

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・そうだろ、
気持ちいいだろ。俺が見込んだだけあるぜ!!」

霞(聡)と霞(大樹)は互いの身体の締め付けが、より強くなり
胸や股間部分が深く接触した。

「あああっ・・・・・・ああああんっ!!!なんだか締め付けがさっきより
強くなってきた。だんだん木下さんの身体が敏感になってくるよっ、ああっ!!」

「ふふふ、それは何よりだな。俺の『霞ちゃんの身体』もだんだんムラムラしてきた。
はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・・。このままだとイきそうだっ。俺、霞ちゃんの
身体のツボ、結構知ってるんだぜ。それをやると霞ちゃん、もっと気持ちよくなれるから
今からそのうちのひとつを教えてやるよ。」

「はい、お願いします。」

(だっ、だめぇっ・・・・・・やめてぇっ・・・・・あああっ・・・・・!!)

霞(聡)は霞(大樹)を床に倒し、仰向けにさせた。
霞(大樹)の身体の上に霞(聡)が乗り、セーラー服のスカートを捲った。

すると、霞(聡)もスカートを捲り、中に身に付けている白のショーツを覗かせた。
そして二人はショーツの上から互いの秘部を擦り合わせた。

「うぐっ、あああっ、ああああああっ、きっ、きもちよすぎっ、なにこれっ、
あああああっ!!」

「ほら、気持ちいいだろ。霞ちゃんもこんなに擦られて喜んでると思うぞっ!!
はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・・。」

「うん、そうだねっ・・・・・・ああああっ・・・・・・・あああああんっ!!」

(やっ・・・・・・やめてぇえええん・・・・・・・私の身体でそんなこしないでっ
・・・・・・・お願いっ・・・・・・・あああああんっ!!!)

「木下さん・・・・・よほど気持ちいいみたいで結構興奮してるよ。あああっん!!!」

「おお、そうか。だったら、もっと霞ちゃんを楽しませてあげよう。きっと、もっと喜ぶと
思うぞ、はぁ・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・・。」

(もう、やめてぇんっ・・・・・・そんなことしないでえええん・・・・・・
はあああああんんっ!!)

霞の意思は無視してセックスは続いた。

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・・・はぁ・・・・・・まさか霞ちゃん同士で
セックスできるとは思わなかったぜ。ココとは別の世界(パラレルワールド)の
木下霞に憑依し、意思や身体を完全に乗っ取った俺がコノ世界での木下霞(大樹が
憑依している)とセックスできるなんて・・・・・・・まったく最高だな。
しかも今の霞(大樹が憑依)は精神同居状態と・・・・・・。とてもそそられるね!!!」

霞(聡)はそう思うと、秘部を擦るのを激しくした。

「あああっ・・・・・いいっ、いいよっ~~~、いくぅううううううん!!!」

「あああっん、だめだああああっ、はああああんっ!!!」

(ああああっ・・・・・・だめええええっん・・・・・・・やめてええええんっ・・・・・
ああああんっ!!!)

霞(聡)と霞(大樹)は霞の女としての絶頂を向かえ大きな喘ぎ声を教室いっぱいに
響かせた。霞にもその刺激が伝わっており、心の中で喘いでしまった。

シャアアアア~~~!!!

そして・・・・・濃厚な愛液が互いの秘部から噴出し、ショーツが完全に濡れてしまった。

「はぁ~~、気持ちよかったぜ、さすが霞ちゃんの身体だ。まったく良い名器をもった
もんだな。」

「はぁ・・・・・はぁ・・・・・これが木下さんの身体かぁ・・・・・・結構気持ち
よかったな・・・・・・。」

「ああ、そうだろ!!だが、これはまだ序の口だ。コノ身体、もっと気持ちよくなれ
るんだぜ!!これからやってみようか?」

「はい、お願いします!!」

(・・・・・・・・・。)

霞(聡)と霞(大樹)の淫らな行為は続いた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。