情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞(聡)が去った別世界のその後・・・・・・・。

香織の身体に入った大樹と、霞の身体に入った大輔はそれぞれ互いの正体を知らないまま
学校の帰りに一緒に歩いていた。

「それじゃあ、ちょっと、寄り道しないといけないから、またねっ、霞ちゃんっ!!」

「うん、じゃあね、香織ちゃんっ!」

二人は成りすましたまま毎日を過ごしていた。

「さてと、久々に自分の身体でも拝みにいこうかなぁ~。」

香織(大樹)は大樹の家に向かった。

「ただいまぁ~~!!」

「おおっ、大樹か、久々だな。」

大樹の兄が出迎えた。

香織(大樹)はそのまま大樹の部屋へ向かい中に入った。
大樹の身体はベッドでぐっすりと眠っている。

「大樹くんっ、会いにきたよっ、一緒に遊ぼっ、ふふふ。」

香織(大樹)は香織の口調を真似ていった。
そして眠っている大樹の身体に近づき軽くキスをしてズボン、トランクスを外して
肉棒を取り出した。

そしてそれを香織のスカート、ショーツに隠れている秘部に挿入させた。

「うぐっ、はあああんっ、大樹くんっ、だいきくぅ~~んっ、いいっ、いいよっ!!!
はあああんっ!!」

香織(大樹)は香織の声で喘ぎ続けた。
香織が大樹の身体の上に乗り大樹を犯しているように見える・・・・・・。

大樹は香織の身体でセックスを楽しんでいた。

一方、霞(大輔)は・・・・・・・・・・・・・。

「はぁ~~、これが木下さんの身体かぁ~~。」

霞(大輔)は部屋の中で姿見の前に立ち今の自分の姿に見惚れていた。

「木下さんっ、ごめんっ!!・・・・・・はんっ、はあああんっ!!!」

霞の身体に入った大輔も示威を繰り返して楽しんでいた。

さらに・・・・・・・・。

沙織の身体に入った『聡』は・・・・・・・・。

「はぁ~~、セーラー服姿の沙織も可愛いなぁ~~、これからは俺が沙織なんだよな。
あああっ、なんだかまた身体がムラムラしてきたっ、またオナニーでもしようかな、へへへへ。」

沙織(聡)は霞のセーラー服を着たまま姿見の前でオナニーを始めた。

「あああっ、はあああんっ!!さっ、さおりっ、気持ちいいっ、あああっ、あああんっ、いいっ、
いくぅっ、いくぅうううううん~~!!」

シャアアアアア~~~!!!

沙織(聡)は大量の愛液を流した。

「へへへっ、これからは俺が沙織なんだぁ・・・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・
・・・はぁ・・・・・・。」

沙織(聡)は不気味な笑みを浮かべながら言った。

彼ら三人は女体を手に入れることができ、大満足な日々を過ごし続けることだろう。




そしてこの世界でも・・・・・・・・。

「ただいまぁ~~。」

霞(聡)は家に着くと一直線に自分の部屋へと走った。
扉を開けるとそこには霞(聡)の忠実な奴隷となった4人の成人男性の姿があった。

「お帰りなさいませ、聡様!!」

彼らはいっせいに霞(聡)に頭を下げて挨拶をした。

「うむ、大人しく待ってたようだな。おまえたちにご褒美をやろう。さぁ、ココを
どんどん舐めてくれ!ふふふ。」

「ははっ、ありがたき幸せっ!!」

霞(聡)はセーラー服、ブラウスを犯されたかのように破き、ブラジャーを外し胸を露出させた。
すると彼らは順々に霞(聡)の乳に噛み付き始めた。

「はぐっ・・・・・・はあんっ、はあああんっ・・・・・・・おっ、おまえらっ、いい
ぞっ、最高だっ!それでこそ俺の奴隷だっ!!ああっ、いいっ、いいっ~~!!!」

霞(聡)もまた淫らな生活を続けていた。これからも聡はコノ霞の身体で性欲を満たすことだろう。
霞の魂(霊体)は聡がすでに吸収した。霞の身体は、これからもずっと聡のモノなのだ・・・・・。



-おなにっき パラレルワールド編(完)-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。