情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞(の体に憑依した聡)は、自分の欲望のままに突き動かされていた。
霞(聡)は、魂の入っていない自分(聡)の肉体に近づき、口を近づけた。
霞が聡とキスをした。いや、実際は霞の体に憑依した聡が、聡の口にキスを
したと言ったほうが正しい。

その口付けがすぐには終わらず、聡の口を開かせ、その中に霞の舌をのめり込ませた。
それは、窒息するほどの勢いだった。

霞の卑猥な行動は、それには留まらず、聡の服を脱がせ、全裸にさせた。
周囲の人から見ると、奇妙な光景に見える。
20歳前後の男性がセーラー服を着た女子中学生に弄ばれているのだ。

霞は聡の体に抱きつき、聡の体を舐めまわした。
最初は口から始まり、最後は男性の突起物のところを舐めまわした。

「ああああぁん!!いい、いいぉ~。」

ちゅぱっ、ちゅぱっ

「さとしのおちんぽ、おおきいっ~♪」
霞は唇を激しく動かした。そして聡の男根を舐めまわしていく。

じゅるっ、じゅるっ

「ああっ、いっ、いい、さとしのおちんぽ、おいしいよぉ、ハアハア」
聡のペニスが徐々に立っていく。セーラー服を着た女の子が聡の体を苛める。

ちゅぱっ、ちゅぱっ

「ハアハア、だっ、だんだん、大きくなってきたよぉ、さとしのおちんぽっ(*´д`*)」
聡のペニスがそろそろ限界に近づいてきた。爆発しそうなくらい膨れ上がってる。

霞は一旦口を遠ざけた。
これで、終わりかと思ったら、霞はスカートを捲り、秘部を晒した。
そして、爆発しそうな聡のペニスを掴み、霞の大事な穴に挿入した。

どぎゅっ

「うぐっ」
霞の体に電流が流れた。

ぐちゃっ、ぐちゃっ

「あああっ、あぐっ」
聡のペニスが霞のマンコに出し入れする音が高鳴る。

ぐちゃっ、ぐちゃっ

「い、いぐっ」
霞は快感に満たされていた。いや、霞の体に憑依した聡が霞の女性としての
快感を堪能していたと言ったほうが正しいだろう。

ぐちゃっ、ぐちゃっ

「あっ、あああぁん、さ、さとしのおちんぽが私のおまんこに入ってるよぉ~、
気持ちいいよぉ~♪」
聡は、霞の美しい声、体を使って弄んだ。

ぐちゃっ、ぐちゃっ

「ああっ!!(*´д`*)ハァハァ」
と、そのとき、霞が息を切らし始めてる。

「もっ、もぅ、だめえええぇ!!いっ、いくぅぅぅぅぅっ~(*´д`*)」
霞が絶頂を迎えようとしている。

しこっ、しこっ

「うあああああああぁ!!」

シャアアアアアア~

霞は、愛液を噴出した。
そして、聡のペニスを抜くと・・・

どぴゅっ、どぴゅっ

聡のペニスから白い液体が飛んだ。
それが、ちょうど霞の口もとに飛んだ。

「ん、んぐぅ~、さとしの液おいしそぅ~♪」

ゴクンっ!!

霞は聡の液を飲み込んだ。

「ハア~。おいしかった。さとしの汁おいしいよぉ~」
と、言いながら、

今度は霞のマンコに手を当て、霞の汁を触った。
それを霞の口に近づけた。そして・・・・

ゴクンっ!!

霞は、霞の汁を飲み込んだ。

「あああんっ、かすみの汁も、やらしい味がするぅ~、おいしいっ、(*´д`*)ハァハァ」
と、2つの汁を飲み込んだ。

「ふふふ、良かったよ、かすみちゃん。また楽しませてもらうぜ!!」
霞の体に憑依した聡は、霞の声をかりて男の口調で言った。

聡の女子中学生苛めは続いた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。