情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あああっ・・・・・・・なっ、なんでっ・・・・・・なんで私がそこにいるの?」

なんと私の目の前にいる少女は私の顔、姿をしていました。

背丈は154センチで胸はCカップ、髪は黒色でミディアムなストレートヘア。服装は
白色の生地に白線3本の入った紺色の襟、赤色のスカーフがある半袖夏用セーラー服、
下は紺色の膝丈よりもやや短めな長さのプリーツスカート、白のソックス、黒茶色の
革靴。左手には私の所有している黒茶色のカバンを持っていました。

どう見てもそこにいるのは私であり、何がなんだかよくわからなくなり頭が混乱し始め
ました。

そのとき目の前にいる少女・・・・・・・もうひとりの『私』は私に向かって言いました。

「へへへ、どうだい?身体が入れ替わった感想は?」

目の前にいる『私』は不気味な笑みを浮かべながら先ほどの男性のような下品な
口調で(私と似た声で)言いました。

「・・・・・・えっ?・・・・・・・入れ替わったって?」

「お嬢ちゃん、まだ気づいていないようだね。自分の服装を見てごらんっ!」

『私』がそう言うので私は今の自分の服装を見ました。
すると・・・・・・。

「・・・あああっ・・・・・・・・なっ・・・・・・・なんでっ?」

私は今の自分の服装を見てしまい驚愕してしまいました。私はセーラー服を着ておら
ず、なぜか先ほどの男性と同じ服を着ていることに気が付きました。

また先ほどから身体や声がいつもと違うように感じました。身体が重くなり、声は男性の
ように野太くなっていることに気が付きました。

「へへへ、驚いただろ!俺とお嬢ちゃんの身体が入れ替わったのさ。俺は昔から他人と
身体が入れ替わる能力を持っててね・・・・・・こうやって時折女性と身体を入れ替え
て痴漢を楽しんでるのさ。そのおかげで俺は今までサツに捕まっちゃいねぇ。今日は、
お嬢ちゃんの身体で痴漢を楽しませくれよ!!」

「そっ、そんなぁ・・・・・・。」

「もちろん、ただでとは言わないぜ!!その身体でお嬢ちゃんを最大限にまでイカセテや
るぜぇ。へへへへ!!」

『私』はいきなり今の私の穿いているチノパンのファスナーを開けました。

「ちょ・・・・・ちょっと・・・・・何するんですか・・・・。」

『私』は何も言わずに左手でそこを撫で始めました。

「あああっ・・・・・・。」

私は股間部分が急に熱くなり始め今までにない快感に襲われました。

「へへへ、どうだい、お嬢ちゃん、気持ちいいだろ!すごく盛り上がってるみたいだな」

「やっ・・・・やめてっ・・・・くださいっ・・・」

「何言ってるんだ!お嬢ちゃんだって興奮してるんだろ!ペニスがこんなに膨れ上がっ
てるじゃないか!まぁ、こんなに可愛らしい女子中学生が中年男性の相手をしているん
だ。興奮しないほうが可笑しいよな、へっへっへっ!!!」

「あああっ・・・・・ああっ・・・・・やっ・・・・・やめっ・・・・あああっ!!」

『私』は私の股間部分を撫で続け、その度に私は身体が熱くなり今までにない快感に
浸っていました。

「へへへっ、相当興奮しているようだな。よし、もっともっとお嬢ちゃんにご奉仕して
やるよ!!!」

『私』は一旦手コキをやめて私のトランクスの中から男性の象徴である男性器を取り出
しました。

「きゃっ・・・・・・こっ・・・・これは・・・・・」

私は恥ずかしくて見ていられず、それから目を逸らそうとしました。

「ちゃんと見ろよ。どうだい?大きいだろ?俺のチンポ!いや、今はこのチンポはお嬢
ちゃんのモノなんだぜ。ここを撫でてやると・・・・・へへへ!!」

『私』は私の男性器の頭部を左手の薬指と中指を使ってやさしく撫でました。

「うぐっ・・・・・・・あああんっ・・・・・・」

私は自分の意志に関係なく『私』の指が男性器に触れるのを感じ不覚にも反応してしまい
男性の快感というものをこのとき初めて体験してしまいました。私は嫌な気分になりま
した。

「なぁ、いいだろ?俺の身体も。良かったらしばらくの間身体を交換したまま、オジサ
ンと痴漢ごっこでもして遊ぼーぜぇ!!」

『私』は下品な表情を浮かべながら言いました。

「やっ・・・・・・やめてっ・・・・・・ふざけないでくださいっ!!」

私は不快感が積もり少し大きめの声を出してしまいました。
だが周囲の人は見て見ぬフリをして私たちから目を逸らしていました。それに今の私は
どこからどう見ても中年男性。助けを求めたところで周囲の人は傍観するだけであり、
外見からして捕まるのは私のほうだと、そう思いこれ以上声は出しませんでした。

「ははは、傍観者諸君には感謝しないといけないよなぁ~。周りの連中が見て見ぬフリ
をしてくれてるおかげで俺らは捕まらないんだぜぇ。それに今の俺は誰がどう見ても、
か弱い女の子にしか見えねぇ。女子中学生が後ろにいる中年男性を積極的に犯している
とは考えにくい。どっちにしろ俺は安全ってわけだな。はははは!!

「ひ・・・ひどい!!」

「まぁ、そういうなよ、お嬢ちゃんだって気持ちよくなりたいんだろぅ?オジサンがた
くさんその身体のツボを教えてやるよ」

「そっ・・・・・そんなっ・・・・本当にやめてくださいっ」

「ぐへへ、これでもそんなことが言えるのかな。・・・・ほれ・・・・・ほれ・・・・・・」

『私』は左手で再び私の男性器を撫で始めました。

「あああっ・・・・・ぐぐんっ!!」

「ほら・・・どうだい?お嬢ちゃんがいくら否定しようがソコの部分は求めてるんだぜぇ
。俺のフィンガーテクでお嬢ちゃんを最後までイカセテやるよ」

そうして『私』は私を犯し始めました。
私の小柄な指を使って・・・。



(第3話へ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。