情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日から数日後のこと・・・・
加奈はすでに退院し元の生活に戻っていた。

「おはようございます、加奈さん」

「おはよう、鞘香ちゃん」

「今日も良い天気ですねぇ」

「そうだね…」

空は雲ひとつなく晴れており加奈の退院を祝うかのようだった。

銀行強盗に身体を奪われ酷いことをされたという悪夢は未だ忘れられないのだが、加奈
は改めて元の日常に戻ることができたことを実感し嬉しく思った。

加奈は鞘香と別れ学校へ向かった・・・・。

だが・・・・

『うくく。身体を取り戻して元気に登校してるみたいだなぁ。もう少しだけあいつらを使って
遊んであげても良かったんだけど今回はこれくらいにしておこう』

高校の制服を着ている一人の少年が電柱の陰に潜み静かに囁いた。

少年は右手に奇妙なデザインの銀色の腕輪をしていた。

加奈は少年に気付かずに学校へ向かった。
そして少し間を置いて少年も前へ歩き始め加奈に声をかけた。

『おはよう、遠藤!』と笑顔で加奈に挨拶をした。
加奈も彼を尊敬するかのように見つめ挨拶を返した。

「おはようございます、先輩・・・・」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。