情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「すっかり暗くなったなぁ」

夜の20時頃。
会社員の木枯佳奈子(29歳、独身)は仕事を一通り終え会社から帰宅しようとした
のだがその途中足音が聞こえ何者かが後ろからつけてくるのを感じた。

(なに・・・もしかしてストーカー!)

そう思い後ろを振り返ると足音はピタリと止んだ。

周囲は閑静な住宅街。
人は彼女以外には誰も歩いておらず辺りは静寂な夜の闇に包まれていた。

(なんだ、気のせいか・・・・)

彼女はそう思い再び歩き続けると背後から急に身体を抑えつけられスタンガンで
気絶させられてしまった。




それから3時間後のこと。
彼女は薄暗い部屋の中で監禁され紐や縄で身体を拘束されていた。

「ここはどこ・・・・私はいったい・・・・?」

彼女は意識が朦朧としながらも目覚めた。

「うくく。気が付いたようだな」

薄暗い部屋に電気が付き、そこにひとりの中年男性が現れた。

「あ・・・・あなたは・・・・誰?」

「俺か?俺の名前は金堂秋夫。お前を気絶させ車で浚ってこの廃墟ビルの一室に閉じ込
めた張本人様だよ。あんたにはちょっとばかり協力してもらうぜ。ぐひひひぃ!!」

「私を誘拐して・・・・・いくらほしいのよ?」

「あん?ちげーよ。俺が欲しいのは金じゃねぇ」

「じゃあ、なんなのよ?」

「うくく。今にわかるさ」

秋夫は彼女の身体をじろじろと見つめながらニヤニヤと怪しい表情を浮かべた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。