情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アキは携帯電話を手にして幼稚園・小学校・そして中学校とずっと一緒だった特に仲の
良い友達であるコハルを家に呼ぶことにした。


コハルは昔からアキにやさしくされており友達又はそれ以上に仲の良い関係を築き上げ
ていた。なのでコハルをセックスの練習相手にするにはちょうど良かった。


それから数分後。
コハルは家にやってきたのでアキは彼女を部屋に招いた。


「な~に?私に話って?」


「実は私ね。コハルちゃんに言いたいことがあるの。今まで長年、一緒に遊んできてコハ
ルちゃんのこと・・・・いつも一緒にいると胸がドキドキしちゃって・・・・・・私、
友達以上にコハルちゃんのことが好きになっちゃったぁ。私と恋人として付き合ってほ
しいの・・・」


「ありがとう。アキちゃん。私もアキちゃんのこと大好きだよ。でも私たち女の子だか
ら無理だよ・・・・」


「女の子でもいい・・・・。私のこの想い・・・・・もう隠せないよぉ・・・」


「あ・・・・アキちゃん・・・・」


アキはそう叫びコハルに抱きつき軽く甘いキスをした。
するとそれによりコハルもアキのそれを受け入れた。


「そうだね・・・・・女の子同士でも関係ないよね。私も大好きだよ、アキちゃん・・・・」


「コハルちゃん・・・・ありがとう・・・・・」


二人は甘いキスを交わし愛を確かめ合った・・・・。


そうしてアキはコハルを今までやさしくして手なずけておいたため簡単に攻略できた。


(ぐへへ、ちょろいぜぇw これでこの肉体の性欲を満たすことができるなw 女子中学
生同士の・・・・思春期少女の甘酸っぱいセックス楽しみだなぁw ぐひひひぃwww)


アキはコハルに抱きつきキスをしながら心の中でそういう思惑を囁いた・・・・。
コハルにアキの本当の思惑を知ることはなく身も心もアキに捧げることにした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。