情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○月×日、午後10時。
佳奈子は約束の日時にあの悪夢のような廃墟ビルにやってきた。



彼女は懐中電灯で辺りを照らしながらビルの中を進んでいった。



「アキ~・・・・・・どこぉ~・・・・」



そう叫びながら歩いて行くと・・・・・。



「うぅ・・・・」



急に身体が痺れた。



意識が朦朧としながらも後ろを振り向くとそこにフードを纏い顔マスクを嵌めている怪しい人物が
おりスタンガンを彼女の身体に当てていた。



(またあの男に後ろから狙われた・・・・。アキ・・・ごめんね・・・・・助けられな
くて・・・・・)



彼女は心の中でそう囁き床に倒れ込んだ・・・・。



そして彼女はひとりの悪魔の手によって奥の部屋に連れ込まれていった・・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。