情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ママ~、起きてぇ・・・・・起きてったらぁ・・・・」


「うぅ・・・・・アキ・・・・・」


それから1時間後のこと。
気絶した佳奈子はアキによって起こされた。


拘束具も外されており自由に身体を動かすことができた。


部屋には電気が付いておりアキの姿を確認することができた。


「アキ・・・・無事だったのね。良かった・・・・」


「ママこそ・・・・無事で何よりだよ」


「あの男はどこ・・・?」


「それが・・・・こんなもの渡されてどこかにいったよ」


「これは・・・」


佳奈子はアキから録音テープを渡された。
それを偶然にも近くにテープレコーダーがあったので再生することにした。


すると・・・・。


『よぉ。佳奈子・・・・・。この部屋は特殊な鍵で閉めておいた。よほどの力がない限
り扉は開かないぜ。その部屋を抜けてこの廃墟を出たければ、上に設置されているビデ
オカメラに向かって母と娘同士セックスしろ。俺に親子の愛とやらを見せて見ろ!制限
時間は30分。それまでにできなければこの建物を爆発させるまでだぜ!』


テープからそういう風にひとりの悪魔の声が流れた・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。