情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「へぇ~、お嬢さん。鞄の中にチョコレートがあるじゃん。そういえばもうすぐバレン
タインデーだったな。誰か好きな人にでも渡すのかなw」



そこには大きなハート型をした手作りチョコがあった。



「あんたには関係ないでしょ。・・・・・ていうか私の鞄の中身を勝手に見ないでよ」



「おっ、他にも何かあるじゃん。これはチョコを作る材料かなw お礼ってもしかし
てこれのことだったりしてw」



「・・・・・・・・」



「へぇっ~、そうかそうか。そうだったのかw すまないね。監禁しちゃってw だっ
たらこれから俺のためにおいしいチョコを作ってもらおうか。ははははw」



「誰があんたみたいな悪魔なんかに・・・・・・」



「・・・・そう。それは残念だ。おじさん、チョコが大好きなんだけどなぁw まぁ、
いいさ。どうせ作ることになるんだから。くくくw」



・・・・・とそのときだった。



部屋の扉が開き誰かが入ってきた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。