情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「持ってきやしたぜ、兄貴!」



「うむ。そこに置け!」



「ははっ!」



秀則は大きなケースを持ってきて指示通りそこに置いた。



千春(倉芳)は床に落ちているセーラー服に着替えており、それが終わるとケースの中
を開けた。そこには大量の白い粉・・・・・・・麻薬の入った小包みがあった。



「うくく。サツにそろそろ目を付けられそうだから、こういうふうに身体をチェンジし
て粉の隠し場所を変えておかないとなw まさか清楚でクソ真面目な雰囲気の女子高生
が麻薬密売の主犯とは奴らも思うまいw ははははwwww」



千春(倉芳)は姿見の前で少女には似合わない凶悪そうな表情を浮かべて笑い続けた。
そして棚に置いてある煙草に火を付け吸い始めた。



「ごほっ、ごほっ。おっと、いけねーな。今の俺は清楚でクソ真面目な女子高生・・・
・・・・草木千春ちゃんだったなw しばらくは禁煙しとくかwww」



千春(倉芳)は口に咥えている煙草を取り床に捨てた。



「それにこのお嬢さんは可愛いから女としての利用価値も大だな。この色気を
使って顧客をもっと増やせるぜw ・・・・・あっ・・・・はぁん・・・・あ
あぁん~~♪」



千春(倉芳)は両手でセーラー服越しに両手で豪快に胸を揉み解し喘ぎ声を部屋中いっ
ぱいに漏らした。



「へへ。鳴き声も可愛らしいじゃねーかw 全く俺も良い身体を手に入れたもんだぜぇw 
ははははwwww」



千春(倉芳)はひたすら不気味な悪魔のような表情で笑い続けた・・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。