情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ああぁ、いいん、いぐぅ、もうだめぇ、ああああぁぁぁ、いくぅうううううううぅ!!!」


シャアアアア~~~


霞(立夫)は女としての絶頂を迎え大量の愛液を噴出させた。


「はぁはぁ・・・・。気持ち良かったぜ。・・・・と思ったらまた身体がムラムラし始めた
。普通ならこれで休むところなんだが回復が早い。この子の身体、いったいどうなって
るんだ。こんなにも性欲が旺盛な子だったなんて思わなかったぜぇ」


立夫は霞の身体の性欲の復活の早さに驚かされた。


「あっ、はぁん、私ったら身体がまたムラムラしちゃったぁ。なんでこんなに復活が早
いのぉ。はあぁぁああぁぁん♪」


霞(立夫)は猛獣のように荒く何度でも自慰を繰り返していった。
すると・・・・。


ボゴオォ~~!!!


霞の下の御口の中から大きくグロテスクな肉棒が現れた。


「ひゃっ、私の中にいる男の人のチンポが出てきちゃったぁ~。このままじゃ街を歩け
ないから引っ込んでよぉ~、あん♪」


霞(立夫)は肉棒を握り出した。
そしてベッドに横たわりプリーツスカート越しにシーツに擦りつけた。


「お願い。早く収まってぇ。私は木下霞。正真正銘の女の子なのぉ。だから出てこない
でよぉ~、はあああん♪」


だが霞(立夫)の肉棒は鎮まるどころか膨張していき、霞をより卑猥な姿にさせた。


「やん♪私のチンポったらどうしたら中に収まってくれるのぉ。お願いだからそんなに
暴れないでよぉ♪」


そうこうしているうちに肉棒はさらに膨張を続けた。
そして・・・・・。


「あっ・・・・あああっ・・・・もうだめぇ、私いくぅ、男のチンポで逝っちゃうっ・・・・
・・・・ああああああっ!!!!」


どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~


霞(立夫)は興奮のあまり理性を失い精液を放出させてしまった。
すると剥き出しになっていた肉棒は縮み中に収納され性器が『女の子』に戻った。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。