情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「きゃっ!!やめてぇ!」


「ぐひひ。次はこの部分を交換するんだ。交換前に少し舐めて味を確かめても良いだろ」


智昭は真香のタイトスカートを捲り上げショーツを脱がし大人の女性の名器を舐め始めた
。智昭の女の子としてのキュートな舌唇が成熟された大人のアワビをやさしく舐めて味わ
い始めた。


「うぅっ・・・・やっ・・・・・やめぇ・・・・」


それにより真香は不本意ながら感じてしまった。


「お嬢ちゃん、どうやら敏感に反応してるみたいだね。ぐへへ」


「そっ・・・・そんなこと・・・・・・・ああっ・・・!!」


「隠さなくてもいいんだぜ。俺がたっぷりとお嬢ちゃんの身体を逝かせてやるよ」


「やめてったらぁ・・・・ああ・・・・うああああ!!!」


智昭は舌唇を下から上、上から下へとやさしく真香の大人のアワビをおいしそうに舐め
続けた。
それに伴い真香は大人の女性の声で喘ぎ声を部屋中いっぱいに響かせた。


そして真香が絶頂を迎え逝きそうになったところで智昭は真香の卑猥なアワビに軽くキ
スをし舐めるのを止めた。


「はぁはぁ・・・・・」


「ぐふふ。大分息が荒いじゃないか。俺に舐められるのがそんなに気持ち良かったのか
。あ・・・・・いや私みたいに可愛らしい女子中学生に舐められて最高だったでしょ。お
姉さん。ぐひひひぃ」


「そ・・・・・そんなこと・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・私の・・・身体で・・・
・・・・もう変なことしないでぇ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・」


「ははは。相当お疲れのようだね。だったらこれで最後にしようね。私たち、女同士で
一緒に逝きましょう♪」


「・・・・なっ!!」


すると智昭は真香の上体を起こし抱きつき自身の身に付けているプリーツスカートを捲
りショーツを脱いで女の子の秘部を露出させた。


「私の可愛らしいムスメがお姉さんの大人びた美しいムスメと遊びたがってるの。玩具に
なって一緒に遊んでくれないかな。ぐひひぃ」


「なっ・・・・やめて!!」


真香は抵抗したのだが智昭の強い力により抑えられ秘部同士を擦りつけた。


「うぐっ・・・・あっ・・・・あぁん・・・・・♪お姉さんと私、くっついてるぅ・・・・。気持ち良い♪はぁん♪」


「やぁっ・・・・だめぇ・・・・・勘弁してぇ!!あああっ!!!」


「何言ってるの、お姉さん。こんなに気持ち良いこと止められるわけないじゃない。私
、これからもっと変態で嫌らしい女の子になるからお姉さんも一緒に変態になろうよぉ
。はぁん♪」


「やめぇ・・・・・あっ・・・・・あああっ!!!もうだめぇ・・・・いくぅ・・・・!!」


「えっ?お姉さん、もう逝っちゃうのぉ。だったら激しく擦るよっ!!」


「ああん・・・・だめぇ・・・・・それ以上は・・・・やめてぇ・・・・・・ああん・・
・・・・・いっ・・・いん・・・・・いくうううううぅぅ!!!」


真香は智昭の猛攻な攻めにより先に逝ってしまい大人の女性の愛液が大量に噴出させて
しまった。


「はぁ・・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・・」


「ぐふふ。どうやら相当気持ち良かったみたいだね。ものすごい汗かいてるよ」


智昭は真香を見てニヤニヤと笑みを浮かべた。そして真香の秘部にたれている愛液をキ
ュートな舌唇で舐めた。


「ぁんっ~~おいひぃ~~。これが大人の女性の味ってわけね。さっそく私たちのムス
メ同士交換しましょうね。ぐひひひぃ」


そうして智昭は能力を使い秘部を交換した。
智昭の身体には大人の女性の成熟されたアワビが実り、真香には未熟ながら新鮮で若々
しいキュートなアワビが実った。


「ははは。この巨乳といい、名器といい・・・・・大人びて嫌らしくなったものだな。
次は何をしようかな。ぐふっ、ぐふぇ、ぐへへへ・・・・・!!!!!!」


智昭は姿見で自身の姿を見ながらニヤニヤと怪しい表情を浮かべ笑い続けた。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。