情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴクンッ

沙織はその薬を聡に飲ませた。
すると、聡は先ほどまで、もがき苦しんでいたのが嘘のように静かになった。
聡の体は動かない。魂の抜けた人形であるかのように・・・・。
静かに・・・・そして・・・・安らかに・・・・眠った。




聡は沙織にアノ薬を飲まされ、再び幽霊になることができた。
だが、再び、自分の体には戻れないだろう。
なぜなら、聡の体は、もう壊れているのだから・・・・・。

聡は、もう完全に幽霊になったのだ。
聡は沙織に憑依した。
沙織の体を使ってオナニーなどをして遊ぶのだろう。
だが、聡の行動は妙だった。

沙織に服を着させ、聡の家から出て行かせた。
そして沙織の住むアパートに帰してあげた。
いつもなら、ここでイタズラを開始するのだが、
なぜか沙織の体から抜け出して外に出た。

おそらく聡は、罪悪感でいっぱいだったのだろう。
聡は覚悟を決めて、『向こう側』に行こうとした。
あの世に行こうとした・・・・。

だが・・・そのとき・・・・・

「あんっ、ああっん、ハァハァ~。いっ、いいっ~♪」

大きな声がした。
それは女性の喘ぎ声だった。

聡は、周囲に目をやると、路上に制服姿を着た女子高生
と40代くらいのスーツを着た男性がイケナイ大人の遊びを楽しんでいた。

彼女は後ろから男性に抱きつかれていて、男のズボンのチャックが開いて
おり、そこから男の肉棒がはみ出している。
それは何度も彼女のスカートの下の秘部に出し入れを繰り返している。

今は深夜の3時頃だろうか。
人が誰も歩いていない。車も通らない。
そのため、路上で堂々とセックスができたのだ。

『だいたんな人もいるもんだなぁ』と、聡は心の中でそう思った。

聡がじっと、その男女の遊びを見ていたら、女の子と視線があった。
すると、彼女は聡を見てにやりと笑った。

『俺は幽霊で見えないはずなのになんでだろう?』
聡は、素朴な疑問が心の中で沸き起こった。

だが、そのとき、何かに引っ張られているような感覚に襲われた。
聡は、彼女のほうに引っ張られている。
彼女に近づく。

だが、違った。
彼女ではなく男性のほうに近づいていた。
身動きがとれない。ただただ、その男性に近づいている。

そして、その男と体が重なり、そのまま、その男に憑依した。
女の子は微笑んだ。

そしてカバンから何かを取り出す。


ビリリリッ!!


スタンガンだった。
男性と彼に憑依した聡は意識を失った。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。