情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それから一ヶ月後のこと。身刷次夫は病院の個室で目を覚ました。
部屋には電気が付いており時刻ははっきりしないが夜であることがわかった。

「ぅう・・・・ここは・・・・」
「あら身刷さん、目が覚めたのね」
目を開けると20代後半ほどの年齢のナースが立っていた。
彼女はなかなかの美人で次夫は彼女を見て好印象を受けた。

「ここは白濁総合病院。あなた、相当重傷だったのよ。でも気が付いて良かったわ。今
、先生を呼んでくるわね」
「おう、すまねぇーな。姉ちゃん」
次夫は意識がはっきりとし以前起こった出来事を思い出すと憤りを覚えた。
「クソっ。なんであんなヒョロヒョロなやつなんかに・・・!退院したら御礼参りして
やるぜ!」

次夫は身体を起こそうとしたのだが起き上れなかった。身体に全く力が入らなかったのだ。
そのとき個室の扉が開き先程のナースが入ってきた。それに続いて白衣を纏った人物が
入ってきた。

「なっ!!なんだと!!」
その人物の姿を見た次夫は拍子抜けしてしまった。『医者』ということで年配の男かと思
いきや、そこに立っているのはどう見ても15~17歳程度の年齢の少女・・・・女子
高生だったのだ。

白衣の下には高校の制服と思われるブラウスに赤いリボン・チェック柄のプリーツスカ
ートに黒のハイソックスを身に付けていた。医者には見えずどうみても女子高生だった。
その少女は一見すると正義感が強く真面目そうな雰囲気がかもし出しているのだが・・・・。

「どうも、はじめまして。私、遠藤加奈っていいます。この病院の院長やってまーす。
そして彼女は米竿美津子。28歳。ここでナースのお仕事やってまーす。これからおじ
さんの身体をたっぷりと診察してあげるわね。ぐふふ!!」と少女は不気味な表情を浮
かべ次夫の身体を起こした。

少女は次夫の服を脱がして全裸にさせ身体を触り始めペニスを弄り出した。
「へぇー。結構でっかいじゃん。あんた。どれくらいの大きさなのか測ってあげるわね」
と言って纏っている白衣を床に捨てるように脱ぎ次夫の身体の上に跨りスカートを捲り
身に付けている黒のセクシーパンティを脱いで自身の秘部に次夫のグロテスクなペニス
を挿入させた。

「ひゃぁっ・・・ひゃあうぅっ♪おじさんのチンポでかすぎっ!気持ちいいよぉ。病み
付きになっちゃいそう♪はああぁん♪」
少女は勢いよく腰を振った。
「や、やめろ・・・・」
少女のいきなりの激しい攻めにより次夫のペニスはビンビンになっていた。それに乗じて
先程まで黙って見ていたナースの米竿美津子は不適な笑みを浮かべて右手を胸部分に左
手を股間部分に持ってきて『少女と中年男の変態プレイ』を眺めて自慰を始めた。

「おい。やめろ!お前らはいったい何者なんだ?」
次夫は彼女たちから滲み出るどす黒く邪悪なオーラをいち早く感じ取り叫んだ。すると
彼の身体から離れ変態行為を止めた。
「ぐへへ。お前賢いな。もう少し女子高生の遠藤加奈ちゃんとして芝居を続けたかった
がこれまでか」と荒い男口調で囁いた。

「安心しろ。俺らはお前さんと同じ『身体強盗』だ」
「身体強盗だと・・・!」
「ああ、そうさ。同じ身体強盗のよしみで任務に失敗して始末されるお前さんを助けて
やるよ。俺の部下になればな。ぐひひ!!」

彼女たちに成り済ました何者かはニヤニヤと怪しい表情を浮かべて囁いた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。