情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく経ち、霞は香織の乳を舐めるのを止めた。
霞は物置きからアル物を取り出した。

それはバイブだった。

実は前に自分(聡)の家からもってきたものだった。
霞は香織のスカートを捲り、そのバイブを香織の穴に入れる。

ブルブルーッ

「きゃっ!!」

バイブが香織の穴の中で振動している。

ブーッ、ブーッ

「やっ、やめてっ、あっ、ああああっ、あぐっ!!」

香織の顔が赤くなっている。
よほど興奮しているらしい。

「だっ、だめええええぇっん!!」

香織は徐々に濡れてきた。

「ふふふっ♪」

霞は不適に笑い、香織の反応を観賞していた。

「ああ、ああああんっ!!」

香織は快感のあまり喘ぎ続ける。

「香織ちゃんもやらしい声出すよねぇ」

「気持ちいいのぉ?香織ちゃん。」

「私にも代わってよぉ♪」

「ふふふっ」

そう言うと、霞に憑依している聡は霞の体から離脱し、香織の
体に入ろうとした。

スゥ~

そして・・・・

「ああんっ、気持ちいいっ!!香織ちゃんの体気持ちいよぉ~。ハァハァ~。」

聡は香織の体に憑依し、バイブの快感を楽しんだ。

「ハァハァ~。香織こんなイケナイことを・・・」

「でっ、でも気持ちいい~」

「ああん、わたしったら、はずかしいよぉ~」

「あっ、あああああん、いっ、いぐっ」

聡は香織の体、声を使って弄ぶ。

ブーン~

バイブが香織の穴の中で振動する。

「ハァハァ~。もっ、もう~、げんかい」

「そっ、そろそろ、いくっ~」

香織は限界に達していた。

ブーン~

バイブが鳴り響く。

そのとき・・・・・

「あっ、あああんっ、ああああああああっ!!」

香織の体に電気が走った。
香織は愛液を噴射した。ついにイッテしまったのだ。

「ハァハァ~。気持ちいい・・・」

「へへへ、病み付きになりそうだな!!」

「香織ちゃんのオナニーも気持ちいいぜ!!」

「毎日香織ちゃんの体でオナニーしようかな!!」

聡は香織の声を使い、男口調で言った。

「さてと、そろそろ戻るか。」

スゥ~

そう言い、聡は香織の体から離脱し、霞の体に再び入った。
聡は香織の体でオナニーを満喫した。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。