情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弘人は家に帰り、今後のことについて計画を練ることにした。

とりあえず、鈴木遥に変身することができたので
彼女に成りすまし、制服やら私服やらを買いに行っても良かったのだが、
弘人はそうしなかった。実際に彼女の身に着けている服じゃないと
そそられないからである。

弘人は明日の3時間目の体育の授業のときに彼女(鈴木遥)の
制服を奪うことに決めた。

それから、本物の鈴木遥と入れ替わり、鈴木遥としての生活を
始めることを計画した。

弘人は今後、遥に変身することが多いと思ったので
変身する練習をした。

『遥になりたい』ということを念じる。
すると、徐々に顔、体が小柄になり、遥になった。

「あ・・・あ・・・・」

「私は、すずきはるか」

「私は鈴木遥」

「よろしくね」

遥の声を再度出してみた。
いつもどおりの可愛い声だった。

「私ね、弘人君のこと大好きなの~」

「いつか一緒にエッチしようよ~♪」

「私のおマンコに弘人君のおちんちん入るの楽しみだなぁ~」

さらに遥の声を使っていろいろ言ってみた。
すると、弘人は興奮し、遥の体になった自分の胸を揉んだ。

「はあああああん、あああん」

「ハアハア~。気持ちいいよ~」

「はるか、いけないことを~」

「あっ、でも、いいや~」

「あっ、ここっ、ここイイ~♪」

「ハアハア~」

弘人は初めての女性としての
オナニーに興奮していた。理性はすでになくしている。

遥になった弘人は手を陰毛のところにもっていく。
そして陰毛を掻き分け、穴の部分を弄る。

「ハァ~。なに、ここ!!」

「す、すごくイイ!」

「あああっん、なんかイキソウ~」

「ハアハア~」

「あっ、あぐっ、もっ、もう、だめえええっん、いっ、いぐぅ~!!!」

シャアアアア~

女性器から液が噴出した。
弘人は初めて女性の体になり、女性としてオナニーをした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。