情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聡は霞の魂を植物状態にある人間にうつした。
霞はそこで永遠に眠ることになる。
それにより聡は完全に霞の身体を手に入れた。

「これからは俺が霞ちゃんだよ。ふふふっ」

霞(聡)はそう言いながら、服を脱いだ。
そしてを弄くり始めた。まずは胸を揉み始める。

「はぐっ」

「ハアハア~」

「こっ、この胸いいっ~」

「香織ちゃんほどは大きくないけど、これはこれでいいっ!!」

そして霞の可愛らしい小さな手を下の方に持っていき、
霞の秘部を弄り始めた。

「うぐっ」

「はあああんっ」

「あぐぅ~」

「あああん、もぅ」

「いっ、いくぅ~」

「あああんっ、霞の大事な部分が濡れてきた♪」

「霞、とってもエッチなのぉ~」

「こんなイケナイことを~」

「ハアハア~」

「ああっ、く、くるぅ~」

「霞の・・・んはっ、はああああんっ、でっ、でそぅ~」

「ハァ~、もっ、もぅヤバイ」

「うはっ、はああああん、ああああん」

「い、いぐぅ~、もぅ、だめえええんっ」

シャアアア~

霞(聡)は絶頂を迎えた。霞は愛液を噴出した。

「へへっ、気持ちよかったぜ、霞ちゃん」

「これからももっと楽しませてくれ、へへへっ」

「さて、今日はもぅ寝よう」

「明日もまたやろぅっと♪」

「もぅ、霞ちゃんは俺の・・・・あ、いや、私のものなんだから、ふふふっ」

霞(聡)は電気を消し、パジャマに着替えてベッドに横になった。
寝る前に聡は霞の身体から抜けて霊体になり、霞の唇に軽くキスをした。

「愛してるよ、霞!」

「いつまでも俺のものだよ」

そして再び霞の身体の中に入り・・・・

「私も・・・・」

「聡のこと大好き♪」

「いつまでも一緒だよ」

と、一人芝居をしながら寝始めた。
明日に備えて・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。