情報サービスの立ち位置
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして急に部屋に明かりがつき、遥は前方にいる声の主をみて驚愕した。

その声の主は遥にうりふたつだったのだ。

遥は驚きのあまり、声が出せない。

「ふふふっ、おどろいてるようだね」

「むりもないか」

「自分と同じ顔をした人間がここにいるんだもんね」

その遥にうりふたつの人は言った。

「あなたはいったい誰?」

「なにが目的なの?」

「ふふふっ」

「目的は本物の鈴木遥になることかな」

「それには本物であるあなたに消えてもらうしかないのよ」

「わかってね」

「なに言ってるの?」

「そんなことできるわけないって!!」

「早く、ここから出しなさいよ!」

「ふふふっ、それはムリかな」

「もしかして、私をころす気?」

「さて、どうかな~」

「これからのお楽しみ♪」

遥の偽者はそう言いながら部屋をあとにして
二階に上がり、弘人の部屋に入った。
そして鏡の前に立ち、何かを念じた。

すると、徐々に男のようなゴツイ顔-弘人の顔になったのだ。
そう、この遥の偽者の正体は弘人だったのだ。

鏡には遥から奪った女子の制服をきた弘人がうつっていた。
男性が女子の制服を着ている姿はなんとも滑稽だった。

ということで弘人はもう一度、遥の顔に戻した。
しかし、下半身は男性のままの状態である。

そして、弘人はスカートを捲り、そこに隠されている男の肉棒を擦り始めた。

「はあ~っ、ああああっ」

「ああっ、気持ちいい~」

「私のスカートの中にこんなデッカイ肉棒があったなんて!」

「ハア~、イイ~、すごくイイ~」

「肉棒かたくなってきた~」

「ハァ~、もぅ、だめぇ~、なんかでそう」

「あ、あ、いくぅ~!!」

シャアアア~

弘人は顔、声が遥で下半身が男のままでオナニーをした。
精液が遥のスカートに飛んだ。

「ハアハア~、よかったぁ~」

「さてと」

弘人は制服を整えて再び地下室へ向かった。
もちろん、遥の姿で・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。